老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第14章 お願い69
少し迷ったんですけど、このままなのも変な気がします。勇気を出して聞いてみました。
「あの、おじいさん、手はいつもこんな感じで?」

慌てて手を引っ込めるおじいさん。
「あっ、こりゃすまんすまん。すっかりばあさんに話しとる気分になってしもた。それに形といい大きさといいばあさんと一緒で気付かんかった」
「言い訳かもしれんが、ばあさんの方が好きだったんじゃよ。安心すると言ってなあ。それにしても、いや、すまんかった、由香里さん」
一生懸命に謝って頂きました。
私もそんなに気にしてませんし、話の続きの方に興味があります。
「いえ、いいんです。それより、素敵な話ですね。続けてください」

おじいさん、申し訳なさそうにもう一度謝り、続きを話してくれました。

「当然、お前は恥ずかしそうに俯いたままじゃった。最初は驚いていただけのわしの仲間は囃したてはじめ、お前の友達は怒った顔で早く行きましょうって言ってたなー」
「自慢じゃないが、当時のわしは男前じゃった。それに帝国大学の学生服も一般には魅力じゃったハズじゃ。
「モジモジしてるだけのお前の手をとると、わしは強引に歩き始めた」

話に熱が入ってくると、再び手がオッパイを撫で始めました。
悪気は無いようです。私はそのままにしてあげました。
たしかにおばあさんが好きだったのもわかるような気がします。ゆっくりとしたリズムが心地よいんです。
いつもなら、ここで、私のお尻に手が伸びてくるか、おっきくなった股間が摺り寄せられるパターンなんでしょうけど、さすがに百歳近い高齢です。
全然そんな様子も無く、むしろそれを考えた私が恥ずかしいです。

「こうやって目を瞑ると今でも、桜が舞い散る中を駆けるように歩き続けた二人の姿が目に浮かぶようじゃ」
「二人が初めてしたのは、水車小屋の中だったなー」

(えっ、ロマンチックな話から、いきなりH話?)
100
最初 前へ 979899100101102103 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ