老人ホームの人妻看護師
老人ホームの人妻看護師
成人向
発行者:つかさ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/03/21
最終更新日:2012/11/24 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
老人ホームの人妻看護師 第2章 巨根を初体験です-前半
「お願いします。私たち夫婦を助けて頂戴。ほら、おじいさんもお願いして」
「頼みます。由香里さん」
簡単なことかしらと思い始めてたところへ、二人してまたもや土下座です。
それに、私、お願いに弱いんです。思い返してみると、智彦さんとの結婚も、ご両親との同居も、決め手は智彦さんの土下座だったような気がします。
「わかりました。やってみます。どうぞ、顔をあげて下さい」
どんなことになるのか想像もできないんですけど、これだけ頭を下げられると断れません。

「ありがとう、由香里さん。無理なお願いはしませんから。おじいさんが元気になればそれでいいの。お願いします」
二人とも、ありがとうと言いながらなんども頭を下げます。
「はい、出来る限りのことはやらせていただきます」
なんだか、とんでもないことお願いされているような、簡単なことをお願いされているような、複雑な感じです。
でも、やるといった以上は一所懸命がんばります。
「じゃあ、早速ね、表紙みたいな感じで、後は、一ページずつ順番にお願いしますね。いいわね、おじいさん」
「ああ、由香里さんが引き受けてくれただけで、もったいない。わしからの注文なんかあるはずがないよ」
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ