今昔医療福祉外伝
今昔医療福祉外伝
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/02
最終更新日:2011/03/02 11:02

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔医療福祉外伝 第10章 ホスピス(上) /ホスピスの成り立ち
「誠にまことに汝らに告ぐ。一粒の麦、
地に落ちて死なずば、唯一つにてあら
ん。もし死なば、多くの実を結ぶべし。
(ヨハネ伝第12章24節)」

という聖書の言葉が、日野原の死生観の
原点になった。ピースハウス・ホスピス
の石碑には、旧約聖書詩篇56「いのち
の光のうちで」という文字が刻まれて
いる。

 1994(平成6)年3月。仙台市の
社会福祉法人「ありのまま舎」は、全国
初の難病者ホスピス「太白ありのまま舎」
を完成させた。自らが筋ジストロフィー
患者でもある、常務理事・山田富也の
長年の夢だった。完成を夢見ながら
亡くなっていった人々も多い。
 難病と言っても多種多様だが、
筋ジストロフィー・脳性麻痺・脊髄損傷・
抗原病などが主なものである。総工費
10億円。定員60名、全室個室。
医師1名、看護婦3名、寮母30名、
チャプレン1名をメインスタッフとし、
ボランティアと共にケアにあたる。
施設は、自然の光をふんだんに取り
入れた設計になっている。仙台市西部の
緑に囲まれた環境の中にあり、
キリスト教精神を基本としている。


80
最初 前へ 77787980818283 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ