今昔医療福祉外伝
今昔医療福祉外伝
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/02
最終更新日:2011/03/02 11:02

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔医療福祉外伝 第1章 エピダウロス・スピリット
 個々の人間の「魂」と向き合う事が
「常識」にならなければ・・・古代
ギリシャ人は、人間が住む地上の環境に
「創意工夫」を加える事で、「癒しの場
=エピダウロス医療センター」をつくり
あげた。自然と医療技術と芸術が渾然
と溶け合った「社会環境」そのものを
「病院」と見なした。そこには人間が
人間である事の誇りを高らかに歌い
上げる、精神性と美が存在した。

 いや、かつて存在したと言うべきかも
しれない。ギリシャ文化を継承したと
されるローマ人たちは、物質的享楽に
溺れ、ギリシャの詩的・美的感受性、
および精神的洞察などの無形の宝を、
十分に継承したとは言いがたい。ローマ
から発展した現代欧米文明も、同様の
欠陥を内包している。20世紀・・・
人間も科学も、自然に対して傲慢だった。
その、深い反省から新しい時代が
始まっている。「病院」のコンセプトを
根本的に見直し、「病院には劇場が
必要」とコンセプトを変革すると、
人間の意識と社会環境に革命が起きる
だろう。

 
悲劇作家・アイスキュロスは語る。

「人間は傲慢(ごうまん)な思いを抱いて
はならない。傲慢は花をつけ、破滅の
穂を実らせる。(ペルシャ人)と。」
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ