今昔医療福祉外伝
今昔医療福祉外伝
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション
シリーズ:今昔玉手箱

公開開始日:2011/03/02
最終更新日:2011/03/02 11:02

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
今昔医療福祉外伝 第5章 戦国南蛮医療伝
 6月13日午後4時。秀吉軍は、
京都南西の山崎で光秀軍と激突。
日没前に光秀が戦場を離脱して
勝敗が決した。秀吉はこの後、
信長の後継者として天下統一を
成し遂げてゆく。

 1586(天正14)年、太政大臣・
豊臣秀吉は、北陸・四国平定に
続いて、九州平定を準備していた。
この年、薩摩の島津義久は豊後国の
大友領内に侵入。城下をことごとく
焼き払った。30年間続いたルイス・
アルメイダの医療・福祉事業は、
一瞬のうちに灰となった。南蛮医王
如来・アルメイダは、この年の3年前、
平戸の教会で58歳で没していた。自ら
の病院が、戦乱の狂気の火で焼かれる
場面にだけは、遭遇せずにすんだわけ
である。
 また、天帝宗・キリシタン信仰は秀吉
によって禁止され、徳川幕府もその政策
を引き継いだ。日本は幕末まで、外国
との交渉を経つ「鎖国」の時代を迎える
に至った。
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ