原爆
原爆

発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/02/28
最終更新日:2011/02/28 10:54

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
原爆 第3章 3・エノラ ゲイ
○エノラ ゲイ<1>


 グアム島の第二十航空団統合司令部
に、「京都・広島・新潟・小倉」4都市
の攻撃中止命令が届いたのは、1945
(昭和20)年7月21日の事だった。
「中間委員会」副委員長・ジョージ・
L・ハリソンらは、第一目標「京都」を
主張した。翌22日、委員長・スティム
ソン陸軍長官は「京都」に強硬に反対。
京都にかわって「長崎」が浮上した。

 スティムソンは京都を旅行した事が
あり、大変気に入っていたからだ。貴重
な文化財を灰にしたくなかったのだろう。
しかしここで語られるのは、「京都を
救った男・スティムソン」ではない。
1人の権力者の「趣味」で、数十万の
運命や命がもてあそばれる事の恐さで
ある。京都は原爆の第一目標として保留
されていたがゆえに、通常の空襲被害
からもの逃れられた街なのである。歴史
の皮肉としか言いようがない。

 7月25日。ワシントンの陸軍戦略
航空軍司令官・カール・スパーツに、
「原爆投下命令書」が手渡された。
ポツダムにいる陸軍長官・スティムソン、
陸軍参謀総長・マーシャルが承認し、
陸軍参謀総長代理・トーマス・T・
ハンディがサインした公文書である。
8月3日以降、広島・小倉・新潟・
長崎のうち1つに特殊爆弾を投下する
ものとし、この情報発表の権限は
トルーマンとスティムソンだけに
限られるとしてあった。マッカーサー
将軍とニミッツ提督には、「情報」
として命令書の写しが送付された。

 7月26日。アメリカ大統領・
トルーマン、イギリス首相・チャーチル、
中華民国主席・蒋介石の連名で「ポツ
ダム宣言」が発表された。この中で日本
の主権は、北海道・本州・四国・九州と
諸小島に限定されるとし、日本に無条件
降伏を勧告した。受諾か拒否かの判断は、
日本国首相・鈴木貫太郎の手腕に
かかっていた。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ