歴史エッセイ集「みちのく福袋」
歴史エッセイ集「みちのく福袋」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 16:33

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「みちのく福袋」 第1章 第1章・古樹
 武隈の松は、竹駒神社境内
北側の外郭にある。根元から
二股に分かれている様子から、
「二木の松」の別名がある。
「今はた 千歳のかたち
ととのほひて、めでたき松の
けしきになん侍りし」と、
300年前にこの松を見た
芭蕉が「奥の細道」で、
1000年前の姿を偲ばせる
めでたい松だと述べている。

 芭蕉はこの松の事を「歌枕」
として知っていた。たとえば
平安時代の漂白歌人・能因法師
(988~?) の歌 

━ 武隈の松はこのたび跡もなし 
ちとせを経てや 我は来つらむ
(後拾遺和歌集) ━

 能因法師がこの地を訪れた
のは、竹駒神社創建の150年
後の事である。この時すでに、
武隈の松は古樹・名木として
多くの歌に詠まれ、有名だった。
陸奥守・藤原元善が植え、野火
で焼けた後、源満仲や橘道貞が
植え継いできた松だった。
 ところが実際に来てみると、
陸奥守・藤原孝義なる者が木を
伐らせ、名取川の橋杭にして
しまって跡形もないじゃないか
と、嘆いているのである。かく
して藤原孝義は、松の木一本
伐らせたばかりに、1000年
後までこうして語り継がれる
悪人になってしまった。

 芭蕉は「古人も多く旅に
死せるあり」として、自らも
古人の如く漂白の旅に出ようと、
奥の細道冒頭で語った。その
古人とは、能因法師であり
西行だった。芭蕉は芦野の里
(栃木県那須郡那須町芦野)の
「清水流るるの柳」の前に立つ。
その柳は500年前に、西行が
木陰で涼を求めた柳だった。
「西行もこの場所に立ち、この
柳の木陰で涼んだのだ」と、
芭蕉は感激する。500年と
いう時の隔たりを超えて、ある種
の一体感が生まれたのだろう。

 私もまた、芭蕉と300年の
時を隔てて、武隈の松の前に
立った。そして、ずっしりと
密度の濃い幹に触れてみた。
その瞬間、松の霊気が私の全身
を貫いた。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ