歴史エッセイ集「みちのく福袋」
歴史エッセイ集「みちのく福袋」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 16:33

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「みちのく福袋」 第1章 第1章・古樹
○松

 日本は松のくにであると、
「この国のかたち」の中で
司馬遼太郎が述べている。
静岡県清水市の名勝地・三保
の松原には、天女が舞い降り
たという「羽衣の松」がある。
このように、伝説や歌枕と
共に親しまれている「名の
ある松」は、全国に数多く
ある。

 「松の事は松に習へ、竹
の事は竹に習へ」と言った
のは、俳聖の松尾芭蕉で
ある。また「野にいで出よ。
野から学べ」と語ったのは、
芭蕉と同じ伊賀上野に生ま
れた、書家の榊莫山である。
莫山先生と芭蕉を尊敬する
私は、それではと、野に
出て松から学ぶ事にした。
まっ、粋狂と言うところ
だろう。

 仙台市の四里程南に、岩沼
という旧宿場町がある。奥州
街道(国道4号線)と浜街道
(国道6号線)の追分(分岐点)
であり、竹駒神社の門前町
でもある。竹駒神社は日本
五大稲荷の1社であり、武隈
(たけくま)稲荷明神とも言う。
創建は平安時代の承和9
(842)年と、かなり古い。
穀霊倉稲魂(うかのみたま)と
いう、難しい名の農業神を
祀っている。

 現在、境内中央にデーンと
建つ彫刻だらけの古びた唐門
は、天保13(1842)年の
建築だから、元禄時代に当地
を訪れた芭蕉は、これを見て
いない。芭蕉が見たのは
「武隈の松」である。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ