歴史エッセイ集「みちのく福袋」
歴史エッセイ集「みちのく福袋」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 16:33

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歴史エッセイ集「みちのく福袋」 第1章 第1章・古樹
  木ノ下の北隣のなだらかな岡が、
つつじが岡である。今は桜の名所
榴ヶ岡公園になっている。この地
はその昔、「鞭楯(むちたて)」と
呼ばれていた。源頼朝が奥州藤原
氏を討つべく19万の大軍で遠征
した際、藤原泰衡(やすひら)が
これを迎え撃つ為に陣を張った
場所である。

 泰衡は、先陣の国衡が敗れた
知らせを受けて平泉へ引き揚げ、
やがて泰衡も家臣の裏切りに
よって殺され、黄金の奥州藤原
王国は滅亡する事になる。

 木ノ下・榴ヶ岡から、宮城野原
を通って陸奥国府・多賀城政庁
(宮城県多賀城市)へと続く道は、
「奥大道」と呼ばれていた。この
道の途上に、一本のいちょうの木
がある。推定樹齢は、1200年
とも1300年とも言われている。

 1200~1300年前と
言えば、奈良時代の聖武天皇の
頃ではないか。その頃生まれた
樹が、今も現役で生きていると
いうのは、やはり驚きである。
誰が呼んだか「宮城野の乳銀杏」
銀杏町の名も、むろんこの樹に
由来している。
 乳銀杏は、高さ32メートル。
幹の太さはおよそ8メートル。
雌株である。宮城野の大地に
深々と根を張り、地の霊気を
吸い、神霊の風格を宿している。
黒々とした太い枝からは、牛の
乳房のような気根がいくつも
垂れ下がっている。秋になると
今でも、数多くのぎんなんを
実らせる。まさに「宮城野の
最長老・オババ」と言える。
 乳いちょうの前に立つと、
まずその神気(オーラ)に圧倒
される。

「うっ・・ん─・・すっ・・
すごいっ・・」

確かに圧倒されるが、威圧的な
霊気ではない。恐る恐る、畏敬
の念をこめて幹に触れてみる。
凝縮された1300年の時空が、
身体を貫く。ふっと全身の力が
抜け、広々とした青空のような
気持ちになってくる。これが
本当の、「自然の叡智」という
ものなのだろう。

2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ