アストラルの森2/聖人間工房
アストラルの森2/聖人間工房
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 11:10

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
アストラルの森2/聖人間工房 第1章 第1章・妄想回路
金吾はジャケットからメモ帳を取り出し、
名前の画数を素早く計算した。少女趣味的
なロマンティストで、理想と現実のギャップ
に悩む・・・違いますか?」

「確かに現実には不満がいっぱい。」
「個性的な人だ。でも今はまだそれが埋
もれたまま。」

「どうしてわかるの?」
「かったるそうな目だから。」
「そうかも・・・」

 有紀はビシビシ心のツボを突いてくる金吾
に、日頃抱えている鬱積した思いを、洗い
ざらい話したい衝動に襲われた。金吾は
喫茶店でチョコレート・パフェを食べなが
ら、有紀の話を聞いた。

「甘い物好きなのね。」
「きみの胸も大きくて甘そうだ。」

有紀は黙って微笑んだ。2人は喫茶店を出る
と、腕を組んで歩いた。行き先がホテルで
ある事は、暗黙の了解だった。



第1章・妄想回路<2>

 遼介は夕方5時が近づくと、同じ動作を
繰り返す人形のように、帰り時間を気にして
いた。今日も高円寺駅前に寄って、商店街で
買い物をしてから帰ろうと思っていた。帰り
のバスは男たちで満員だった。遼介はどこにも
ぶつけようのない苛立ちを腹の奥に抱えたまま、
ふてくされた表情でバスを降りた。半ば無意識
に、ボーッと歩いていた遼介は、可愛らしい
女性の声に呼び止められた。

「あの、すみません・・・ちょっとよろしい
ですか?」

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ