アストラルの森2/聖人間工房
アストラルの森2/聖人間工房
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 11:10

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
アストラルの森2/聖人間工房 第2章 第2章・深層潮流
 翔子は弥生のキッパリした口調に、
深く頷いた。

「このサイコパス構造はね、単に個人
だけじゃなくて、個人が集合したグル
―プ全体に当てはまると、私は思って
いるわ。」

「というと?」

「鋳型と名づけたんだけど、例えば
キリスト教全体もサイコパス構造なんだ
ろうな・・・という事。」

 キリスト教と聞いて、翔子の真剣さに
火がついた。

「鋳型ですか・・・」

「そう、鋳型。今私と翔子ちゃんが、
並んでお酒飲んでるでしょ。これって
どっちが偉いとか、支配してるとか
いう関係じゃないでしょ。けど宗教は
違うでしょ。神や仏、あるいはそれに
近いとされる聖人がいて、その下に弟子
や信者がいる上下関係よね。この構造を
仮に三角形とすると、それがどこまで
拡大しても、構造は三角形のままと
いう事。」

「はあ、なるほど・・・」
「良い悪いという話じゃないのよ。ただ
狂信的なカルトだろうと、世界宗教
だろうと、あるいは独裁者が支配して
国民が洗脳されているような国家だろ
うと、サイコパス構造になっていて、
同じような心理が働いているという事
なの。」

 弥生は少し遠くを見るように、目を
細めた。

「人類はこれまで、あまりにも長い間
この三角形構造が変わらなかったもの
だから、みんなそれがあたり前だと思い
込んでいるの。支配と従属の関係に
ね。言ってみれば神の奴隷よね。」

 翔子は弥生の話を聞いて、頭がクラ
クラした。わかるような、違和感があ
るような、何とも複雑な感情だった。

「もっとわかりやすく言うと、類は友
を呼ぶという事。ほら、詩を見てごら
んなさい。」
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ