アストラルの森2/聖人間工房
アストラルの森2/聖人間工房
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 11:10

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
アストラルの森2/聖人間工房 第1章 第1章・妄想回路
 翔子は遼介の顔を覗き込むように、少し
小首を傾げながら言った。

「まあ、多少は・・・」

遼介は曖昧に言葉を濁した。実際には手に
取った事すら無かった。

「今の世の中、ひどいと思いませんか?」
「ええ・・・」
「戦争と自爆テロ、親殺し、子殺し、通り魔
殺人、核兵器、乱れた性関係。みんな人間の
エゴが引き起こしている地獄です。」

 翔子は少し顔を曇らせ、キッパリとした
口調で言った。遼介は自分が怒られている気分
になった。そして恥ずかしくなった。おそらく
は10歳ほど年下の彼女が、真剣に今の社会に
ついて憂いている。それなのに自分は、そんな
事にはまるで無関心だった。遼介は冷や汗を
かいた。それに、可愛い顔のぽっちゃりした
唇から、乱れた性関係などという言葉が出て
くるとは意外だった。遼介の頭の中を、今まで
見続けてきた膨大な量のアダルト映像が、
走馬灯のように駆け抜けた。

 遼介は翔子の姿を見、言葉を聞いているうちに、
今の自分が泥と塵にまみれた汚物のように感じ
られた。日夜自分の中に湧き上がる淫らな妄想。
それは翔子が語るような、地獄の光景なのかも
しれない。地獄に棲むのは悪魔と相場が決まって
いる。

━俺は今まで悪魔に操られていたのか・・・━
 宗教的素養の無い遼介だが、そんなイメージ
は湧いた。彼はかねがね疑問に思っていた事を、
翔子に質問してみる事にした。

「あの・・・天国というのは本当にあるので
しょうか?」

遼介の極度に思い詰めたような表情を見て、
翔子は柔らかく微笑みながら静かに頷いた。

「そこにはイエス様がおられます。」
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ