アストラルの森2/聖人間工房
アストラルの森2/聖人間工房
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/26
最終更新日:2011/02/26 11:10

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
アストラルの森2/聖人間工房 第1章 第1章・妄想回路
○はじめに

これからあなたが訪れるのは、あなたの
潜在能力と覚醒のエナジーを引き出して
くれる物語です。読み進むにつれて
あなたの潜在意識に眠っているパワーが
小説の波動と同調して、知らず知らずの
間にゆっくりと目覚めてゆきます。
長い長い旅になります。ごゆっくり
お楽しみください。

○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o


第1章・妄想回路<1>


 大町遼介は生あくびを噛み殺しながら、
気だるそうに首を回した。いつもの事だが、
仕事の終わる夕方5時の10分前になると、
急に時間の進み方が遅くなる。

「それじゃ、お先に・・」

遼介は5時きっかりに職場のフロアを
出て、2分後に区役所の外にいた。
彼は行事の宴会以外、めったに職場の
同僚と飲みに出歩かない。結婚して2年。
最初は新婚である事が口実だった。その
うちに同居していた母親が癌で入院し、
その介護が理由になった。

 だが内心では、同僚とのつきあいが
ひどくおっくうだった。酒の席で聞か
される上司の悪口や愚痴の数々は、苦痛
以外の何ものでもなかった。カラオケも
苦手だし、風俗店も嫌いだった。なんだか
汚れた公衆便所のような不潔感があった。
そういう場所に通う男や働く女たちも、
軽薄で淫乱な馬鹿に見えた。
「私には美人の妻がいる。」
それが彼のプライドだった。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ