長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第3章 第3章・暗黒のサバト
金吾は声の主との対話を始めた。

「その声は不空三蔵殿・・・」
「いや、松坊主で結構・・・」
「はははっ、相変わらず御冗談が
お好きなようで。」
「いやいや、それほどでも。霊縛呪
・・・さすがに見事な腕前・・・
なのにまだお迷いか?」

 松坊主は霊縛呪の結果を金吾に告げた。

「私は事件が発覚し、犯罪が公になる事
を望んだだけです。たとえ殺人者であっ
ても、人が死ぬ事を望んだわけではない。」

「貴殿が殺したわけではありますまい。
アストラルな守護を霊縛した結果、個人
個人の因果の鎖が、正常に機能したまで
の事。」
「しかし・・・」
「では貴殿は、このままあの者たちが
悪業を重ね、さらなる殺人を重ねる事
をお望みか?」
「いいえ。」
「ならば良いではないか。それにのう、
まだ戦いが終わったわけではあります
まい。人の意識を乗っ取り、道具として
操るアストラルの本体を消滅させぬ限り。」
「やはり、どうしても戦わねばならない
のでしょうか?」
 金吾は迷っていた。
「人は自分の信じる理想や信念の為に
戦っています。神の為、自由の為、国
を守る為、愛する者を守る為。しかし
その結果、戦いには勝者と敗者が生ま
れ、人が死に、愛する者を失った者の
怨みが生じます。私は正しいから、相手
は間違っている。だから滅びて当然
だという戦いの論理。彼ら東方騎士団
の論理や信念に、私は同意出来ません。
だからと言って滅ぼしてしまおうと
いうのでは、私もしょせん彼らと同じ
なのではないかと・・・」

「いや・・・同じではない。」
96
最初 前へ 93949596979899 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ