長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第1章 第1章・イナンナ
 弥生は楽しそうに笑った。真梨は弥生の
特殊な能力に、ただ唖然とするばかりだった。
「ヨーロッパではガーディアン・エンジェル
なんて言うんだけど、人は誰でも霊的な指導者
と共に生きてるの。たぶん真梨さんが霊的世界
を受け入れる準備が整ったので、アストラル
レベルでメッセージを送ってきたのだと思うわ。」
「でも私、何も知識ないよ。」
「大切なのは霊的感性。アストラルは心・感情
の領域。素直で柔軟な感性が、この領域と
コンタクト出来る何よりのものなの。」
「イナンナが言ってた。先生みたいなもの
だって。」
 弥生は大きく頷いた。それから拓也に
向かって話し始めた。
「さっきの2チャクラとハートチャクラの
ブロックについてだけど。邪悪な霊たちが、
真梨さんを乗っ取り、支配しようと蠢いて
いるわ。あなたが守ってあげて。」
「俺? そんな能力あるのか?」
「真の霊力って言うのはね・・・
魂の力なの。いずれあなたも、真梨さんと
共に目覚めてゆくわ。試練は覚悟して。
死と復活は、魂を目覚めさせる為に
は避けて通れない関門だから。」
「俺、死ぬのか?」
「霊的な意味でね。」
「ふうむ・・・」
拓也は弥生の意味深な言葉に、何やら大変
そうな戦闘を予感しつつ、酔いつぶれて
寝込むまでワインを飲み続けた。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ