長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第3章 第3章・暗黒のサバト
第3章・暗黒のサバト<4>

 午後4時。金吾は自宅寝室にいた。
シャワーを浴び、歯を磨いて身を清めた。
インド綿の白い衣装を着て、あらかじめ
用意していた三角形の護摩木を床に置いた。
マンションの一室に本格的な護摩壇を築き、
ガンガン炎を焚くわけにはいかない。
すべてを略式にするわけだが、金吾は
それで大丈夫だと思った。要は念じる力
である。

 金吾は世田谷の幽霊屋敷の方向を向いて
蓮華座を組んだ。

「臨・兵・闘・者・皆・陣・裂・在・前」

金吾は右手の人差し指と中指で手刀を
つくり、破邪の真言を唱えながら部屋
の空間を縦横に切り裂いた。これで術者
の場を清めるのである。

 それから金吾は、目を半眼に閉じて
しばらく瞑想した。少女たちの怨念を
強く蘇らせ、次に不動明王の怒りの表情
や火炎、右手の剣などを強くイメージした。
さらに各明王をイメージし、円形の炎で
幽霊屋敷を包囲した。

 金吾は内面の集中力を十分に高めてから
目を開け、護摩木の中央に置いた固形燃料に
火をつけた。それから両手の指を交互に
合わせて、内縛印を結んでから目を閉じた。
「ノウマクサマンダ・バザラダンセンダ・
マカラシャナソワタヤ・ウンタラ
タカンマン・・・」

金吾は不動金縛りの真言を唱えた。
 次に両手の人差し指を立てて合わせる
剣印を結び、火炎の大結界をイメージしな
がら、「オン・キリキリ」と唱えた。
さらに刀印に結び変え、再び「オン・
キリキリ」と唱えた。
88
最初 前へ 85868788899091 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ