長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第1章 第1章・イナンナ

第1章・イナンナ<2>

 夜10時。真梨は本牧を離れて、関内駅
近くのピアノ・バーにやってきた。
真梨はカウンターの隅に腰掛けて、テキーラ
サンライズを注文した。店内にはローランド
ハナの軽いタッチのジャズピアノが流れていた。
真梨は赤く熟したカクテルグラスを眺めながら、
ぼんやりと曲を聴いていた。
 しばらくすると隣の席に男が座って、
真梨に声をかけた。

「よう、幸せそうな顔して・・安いマリファナ
でもやったのか?」
真梨とは長い付き合いの拓也だった。
「うん、まあね・・・」
拓也はソルティドッグを注文して、しばらく
黙ったまま煙草をふかしていた。

「ねえ・・」
真梨が拓也の横顔を見ながら言った。
拓也は真梨の方を見た。
「イナンナって知ってる?」
「イ・・・イナイナイバー?」
「ごめん。あんたに聞いた私が馬鹿だった。」
「も少し詳しく話してみなよ。」
「笑わない?」
「面白きゃ笑うさ。」

 真梨は少し戸惑った顔をした。改めて
人に話すには、とてもブッ飛んだ出来事
だと思ったからだ。でも誰かに話さずには
いられなかった。
「今日はジャニスの命日じゃん。で、例の
本牧に行ったわけ。ジャニスの曲聴いてたら
途中で眠くなって、体が変な感じになって、
声が聞こえてきたのよ。それがイナンナと
いう女の人でね・・・」
「ほほぉ・・・」
「笑わないの?」
「そりゃ、あれだ。チャネリングみたいな
もんだ。」
「よく聞く話?」
「まあ、狐つきから高度な宇宙的叡智まで
いろいろあるよな。」

 真梨はカクテルをグイッと飲んでから話
を続けた。
「光がね、すごいのよ。」
「で、メッセージは? ああしろこうしろ
とか言われなかったか?」
「ええと、特にはなかったなあ・・・
それが何か?」
「よくな、私は観音だ、聖母マリアだとか
名乗って出てくる霊がいてな。私の言う事を
よく聞けと来るわけさ。またこれが、コロッ
と騙されるんだなぁ。ひどい例だと、神の声
を聞いたとか言って高速道路を逆走したり、
わけのわからん事を口走ったり・・・」
「私もそうなのかなあ?」
真梨は急に不安になった。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ