長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第1章 第1章・イナンナ
「おいおい。頭クラクラしてきた。」
「男は子羊、女は小猫、小犬、ロバなんかと
交わったそうだ。もっともこれ
は、神々を崇拝するという宗教的な意味が
あったようだがな。」
「そう言えばインドのカーマスートラに、馬と
戯れる婦人の絵があったな。」
「西洋の悪魔は山羊の顔だろ。聖書が姦淫を
禁止した理由、わかった?」
「ううむ。そういう裏だったのかぁ・・・」
 さすがの拓也も絶句した。
「人間は本来、殺人と近親相姦を強烈に望み、
嘘つきで、他人の所有してい
る物や人を欲しがる生き物だと、十戒は
言ってるわけだ。」
「確かにすごいな、ヤハウエ。」
「なぜ人は自分の妻を愛さないのだろう。
他人の妻をあれほど愛するというのに。
アレキサンドル・デュマ・・・なんてな。」
 金吾が真面目な顔つきでボソッと言った。
拓也は思わず、口に含んだウイスキーを吹き
出した。
「神は禁止をしている。けれどどうしても
違犯してしまう。だから罪の意識に苛まれる。
まっ、この時点ですでに自分を攻撃してるわけ
だけどな。」
「人間の貪欲さには限りがない。それゆえ神に
対して罪深さの許しを願い、祈り、救いを求める。
そこで人類救済の使命を帯びてイエス・キリスト
が登場する・・・そして再臨のキリスト願望に
終末予言・・・けれど世紀末に終末は来なかった。
あらら、一周したな。」

「終末が来ないとキリストの再臨も無い。
黙示録にはそう書いてある。だから、なかったら
造り出せばいい・・・そう考える奴がいたと
しても不思議ではない。」
「それが中央公園の殺しと関係ありと睨んで
るのか?」
「今の段階ではまだなんとも・・・ただ血抜き
死体はまだまだ出そうだ。」
「なんとかならないのか?」
「警察に捕まえてもらう。」
「それはそうかもしれないけどさ。」
「不満か?」
「うーむ・・・お前、本当は犯人の事、見えて
るんじゃないのか?」
「想念は感じるよ。公園で残留思念を読んだ
からな。」

21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ