長編伝奇小説「アストラルの森」
長編伝奇小説「アストラルの森」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:アストラルの森2・聖人間工房

公開開始日:2011/02/24
最終更新日:2011/02/23 21:17

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
長編伝奇小説「アストラルの森」 第1章 第1章・イナンナ
 話は紀元前十五世紀の古代エジプトに
さかのぼる。ラムセス2世が支配す
るこの土地で、ユダヤ人たちは奴隷として
生きていた。神ヤハウエから同朋救出の
使命を与えられたモーゼは、数々の神の
奇跡に守られながら、ユダヤ人を率いて
エジプト脱出に成功。海を割ったという
モーゼ最大の奇跡を生んだ紅海を渡り、
シナイ山の麓にたどり着いた。モーゼは
神の啓示によって単身シナイ山に登り、
3日目の朝、雷鳴と稲妻が轟いた後に、
神ヤハウエから律法を授かった。これが
「十戒」である。

 十戒はバビロニア王の「ハムラビ法典」や、
ローマ法の基礎になった「十二銅版法」と並ぶ、
人類の最も古典的法律の1つとされている。
後に現われるイエス・キリストも、十戒は
重要視した。いわばユダヤ・キリスト教
文明の、礎石のような言葉なのである。
 十戒の前半4か条は、神と人間の関係性
について述べている。

一・我は汝の神ヤハウエ。汝をエジプトより
  導きし者。我意外のものを神とするなかれ

二・汝、自らのために偶像を作って拝み
  仕えるなかれ

三・汝の神ヤハウエの名を、みだりに唱える
  なかれ

四・安息日をおぼえて、これを聖とせよ

 次に十戒の五は、「汝の父母を敬え」と命じて
いる。そして

六・汝、殺すなかれ
七・汝、姦淫するなかれ
八・汝、盗むなかれ
九・汝、隣人に対して偽りの証をするなかれ
十・汝、隣人の家に欲を出すなかれ、と続く。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ