オフィスの秘密
オフィスの秘密
完結
お礼7 コメント1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:オフィスシリーズ

公開開始日:2016/06/26
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼3
オフィスの秘密 第1章 【岩】マドンナの隠し事
その日の仕事は
もう手につかなくて…

私は少し離れた席の岩田さんばかりを
見つめていた。


ああ…
早くあの時間が来ないかな…

私だけのとっておきの時間。

今日は岩田さんを想うだけで
すぐに濡れてしまいそう…

岩田さんを想いながら
快感に溺れたい…


そんな想像をするだけで
胸がドキドキ高まってしまう。


男「❀❀さん、今日の予定はどう?」
❀「あっ…えっと今日も…、ごめんなさい…//」
男「なんだ〜〜残念!!」
男「❀❀さんは誰が誘ったらOKしてくれんのー?」
男「ううう〜っ」
❀「…っ」


あっ

岩田さんが…私を見てた…


❀「////」
男「ねぇ…(ぽんっ)」
❀「あんっ//」
男「えっ!///」
男「…っ///」
❀「///」


恥ずかしい…っ
岩田さんに見とれてたら

ちょっと触られただけで
変な声出しちゃった…//


❀「ご、ごめんなさいっ//」
男「いや…//」
男「///」
男「❀❀さんって…
  その…夜も…そんな可愛い声…出すの?//」
男「お前何聞いてんだよ!// ばっか!!//」
男「いや、だって…//」
男「ほら、いくぞっ、また女子に怒られる。」
男「あ、じゃあ❀❀さん、お疲れ…」
❀「お疲れさまです//」


ダメだ…私…
今日の岩田さんが忘れられない…

早く…

早く一人エッチしたい…//


女「じゃあ今日も消灯よろしくねー!」
❀「はい!!」
女「お先〜〜〜」
❀「お疲れさまです!!」


バタン。


❀「……」


やっと一人になった。

静かなオフィス。
今日はちょっと電気を変えてみようかな。

いつもは自分の島だけ電気を点けてるけど
今日は一番端の電気だけ残して
私の島は消してみよう。


パチン。


❀「…っ」


わ…なんだか…
いつもより薄暗くて…興奮してきちゃう…


❀「は…ぁ…//」


私はいつも通り自分の椅子に座って
両脚を椅子の上に立てた。

そしてゆっくり左右に開く。

いやらしくてはしたない格好。

下着の中に…そっと手を差し込んで…


く…ちゅっ


❀「…っ」


なんとなくわかってたけど…
やっぱり濡れてた…

なんて私…いやらしいんだろう//


くちゅっ、ちゅぷっ


❀「はぁ…///」


思い出すのは…岩田さんの綺麗な指…


「ほら…ここ…気持ちイイ?」


❀「あ…、だ…っ…め…//」


「俺の指…こんな濡らして…悪い子だね?w」


❀「あ…っ…んっ//」


岩田さんの綺麗な指が
割れ目をなぞったり…
くるくるとクリを撫でたり…


❀「はぁ…っ//」


妄想だけで…
こんなに気持ちイイなら…

岩田さんに挿れられたりしたら…
私きっと…おかしくなる。


❀「や…ぁ…岩田…さ…ぁ…ん//」


思わず小さく名前を呼んだ。


「ほら、また溢れてきたよ…?」


❀「あ…、ぁ…っ…だ…、って…//」


「だって、何?」


❀「岩田…さんの…指が…//」


すごく…気持ちイイの…っ


❀「あっ、も…っ…あぁっ///」


身体が熱くなってきて
イク手前。


ああ…
誰もいないし…こんな日は…

思いきり声をあげて果てたい。


❀「あっ、あっ、あっっ///」


くちゅくちゅくちゅっっ!


❀「いやぁっ///」


にゅちゅにゅちゅぅっっ


❀「あぁぁん!岩田さぁんっ!///」


びくんっっ!!!!!


❀「はぁっはぁっ///」


気持ち…良かった…
岩田さんの指を…岩田さんの声を…
想像するだけで…

疼いてしまう私の身体。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ