オフィスの秘密
オフィスの秘密
完結
お礼7 コメント1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:オフィスシリーズ

公開開始日:2016/06/26
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼3
オフィスの秘密 第1章 【岩】マドンナの隠し事
女「あ、❀❀ちゃんネイル変えたー?」
❀「あ、うんっ♡」
女「可愛い〜〜♡」
❀「ありがとう//」
女「❀❀ちゃんっていっつも可愛いよね〜」
女「うんうん♡ほんと女の子らしくて
  理想のお嬢様ってかんじ♡」
❀「そんなことないよっ//」
女「って、男どもがいつも言ってんのよw」
❀「……//」


それが岩田さんだったらいいのに…
そんなこと…あるはずないけど…


男「あ〜腹減った〜もう昼飯行こ〜」
男「だなーー」
男「あ!❀❀さん、ネイル変えた?」
❀「あ、はい。」
男「お似合いっすね〜//」
❀「ありがとうございます♡」
男「でもどうなんすか?そういう爪って。」
❀「え?」
男「オナりにくそう。」
男「ああ、確かにw」
男「って、これセクハラか?w」
男「あはははw」
❀「////」
女「ちょっとあんた達サイッテー!!!」
男「な、なんだよ、冗談だろw」
女「昼間っから言っていい冗談と
  悪い冗談もわかんないの?」
女「言うならもっと爽やかな下ネタにしろ!!」
男「なんだよ〜〜〜」
女「しかもこんな純粋な❀❀ちゃんに!!」
男「……確かに…」
男「❀❀さん…ごめん…」
❀「////」


どうしよう…すっごく恥ずかしい…
私きっと今…顔が真っ赤だ…


男「❀❀さんは下ネタなんか免疫ねぇよな…」
男「ほんとすいませんでした!!」
女「ばか!!!」
男(でもさ、ネイルしてる手で
  オナってるAVとか、あれいいよな♡)
男(わっかるww)
女「聞こえてんだよ!!」
男「わっ!すいませんした!!」
❀「////」


恥ずかしい…
もう消えたいよ…


岩「❀❀さん、一緒にお昼買いに行かない?」
❀「えっ…」


私を助けてくれたのは
まさかの岩田さんだった。

恥ずかしくて消えてしまいたい私を
外に連れ出してくれた。


岩「くすくすw」
❀「えっ」
岩「顔…真っ赤…w」
❀「…っ///」
岩「ごめんごめん、うーそ♡」
❀「///」


恥ずかしい…


岩「ほんと男ってあほだよねー?」
❀「……//」
岩「気にしない気にしない。」
❀「はい……」


優しい人だなぁ…
やっぱり素敵…//

結局一緒にサンドイッチを買って
公園で二人で食べた。


岩「たまには外の空気もいいね!」
❀「はい…//」


私は…
こうして岩田さんと二人で
お昼を食べてること自体が

もう…奇跡です///


岩「美味しい?」
❀「あ、はいっ///」
岩「良かった♡」
❀「///」


岩田さんが買ってくれた
オーガニックサンドイッチは
すごく美味しいんだけど…

私は隣の岩田さんに緊張して…


岩「❀❀さんはさぁ…」
❀「はいっ!」
岩「彼氏…いないの?」
❀「いませんっ!!」
岩「…そっか、ほんとだったんだ。」
❀「えっ?」
岩「いや?なんでも♡」
❀「///」


なんでそんなこと…聞いてくれるんだろう//


岩「くすくすw ついてるよ、こーこ。」
❀「あっ//」


岩田さんが私の口を親指でぬぐって
それをぺろっと舐めた。


❀「////」


顔がカァッと赤くなるのがわかる。

岩田さんは何気なくしてるけど
なんて色気のある仕草なんだろう…

私は思わず岩田さんの手に見とれてしまった。

綺麗な…指…


岩「どうしたの?」
❀「…っ///」
岩「??」
❀「あ、あのっ、えっと…、綺麗な…手だぁって…//」


私何言ってるの?やだ!変態みたい//


岩「ありがとうございまーす♡」
❀「///」


また眩しいくらいの優しい笑顔。


岩「俺…どっちかっていうと
  女みたいな手なんだよねぇ…」
❀「え、そんなことないです!!」
岩「そう?」
❀「はいっ!!」
岩「……」


細くて綺麗だけど…
それはやっぱり…男の人の手で…

岩田さんの指先が動くたびに…


「この指はどうやって女の人に触れるんだろう」

そんなことを考えてしまう。


❀「////」


私…昼間から何想像してるんだろう…
やらしい…//


岩「はぁ…ほんと天気いいなぁ…」
❀「……」


この綺麗な指が…
濡れてる私の秘部を…
蜜を絡めながら…行ったり来たり…

「あっ…岩田さん…、だ…め…っ//」
「こんな濡れてるのに?くすくすw」


岩「ねぇ。」
❀「きゃぁっ///」
岩「えっ」
❀「!!!」


いやらしい妄想中に
いきなり声をかけられて
思わず叫んでしまった。


❀「すみませんっ///」
岩「いやいや、どうしたの?w」
❀「なんでも…ないです…///」
岩「あははっ可愛いねーw」
❀「…っ///」


可愛いって…言われた?!


岩「こんなとこで
  会社のマドンナを独り占めしてるって
  野郎どもにバレたら…
  俺殺されんなーーw」
❀「…っ」


ニコニコ笑う優しい笑顔…

ああどうしよう…

私…憧れなんかじゃなくて…
こんなの…好きになっちゃう…///


❀「そろそろっ戻りましょうかっ///」


自分の気持ちを誤魔化すように立ち上がると
キュッと手を掴まれた。


岩「まだ…一緒にいたい。」
❀「え…っ」
岩「……」
❀「////」


心臓が早鐘のように暴れてる。

掴まれてる手まで…
心臓みたいで…


岩「なんてねw 困らせてごめん♡」


岩田さんは立ち上がると
また私の頭をくしゃっと撫でて
そのまま歩き始めた。

こんなの…

こんなの…っ
無理だよ…///


❀「岩田さんっ///」
岩「なに…?」


眩しい笑顔が振り返る。


❀「あまり…勘違いさせないでください//」
岩「え…?」
❀「……//」
岩「…それは…俺のセリフだよ?」
❀「えっ?」
岩「こんな…真っ赤な顔して…」
❀「んっ//」


頬を撫でられた。


岩「俺のこと…勘違いさせないでね?」
❀「…っ///」
岩「くすっ…w」
❀「///」
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ