ツマズキながら歩いてきました
ツマズキながら歩いてきました

お礼2
発行者:泉あゆみ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2016/06/12
最終更新日:2016/07/24 12:25

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ツマズキながら歩いてきました 第2章 コンピューター少女現る!

第1章でお話ししましたように、私は、とてもつらい保育園時代を過ごしました。

しかし、小学校に入学すると、私の新たな才能が開花されます。


ファミリーコンピューターが、各家庭で流行り始めたのがきっかけでした。


私は、お友達のお家で、ファミコンのコントローラを握ったのですが、その瞬間の感触は、いまだに忘れません!


「なにこれ?!凄い!!!(≧∇≦)」


一瞬にして、コンピューターゲームの世界に惹き込まれました。


これは、何としても手に入れたいと思った私は、

両親と祖母に、こんな話しを持ちかけます。


「ファミコンが欲しいんだけど、買ってくれるまで、学校に行かない」

と話し始めました。


そんなの冗談だろうと思っていたようですが、私は本当に実行しました(笑)


小学生になって、保育園時代よりも、多少の日本語を遣えるようになってきたので、

保育園時代のつらさを打ち明けました。


「これだけ、つらい思いを我慢してきたんだしさ。

保育園を変えて!って、当時、言ったとしても、保育園の経営者の付き合いがどーの、こーのって言って、園を変えるなんて、無理だったでしょ?!

それをゲーム機で、こっちはチャラにしようってんだからさ。」


と伝え、ゲーム機を買ってくれるまで、自宅待機をしていました(笑)


今、振り返れば、これがビジネスにおける今の私の【交渉術】の基盤となります(笑)



交渉が成立し、ゲーム機を手に入れた私は、

朝5時に起床し、1時間だけゲームをやり、その後は、きちんと学校に行き、

帰宅後は、先に宿題をやり、1時間だけゲームをするという生活を送っていました。



そんな生活を送っていましたら、

近所の男の子よりも、ゲームが上手になり(笑)

私の自宅では、ゲームのプレゼンテーションが行われるなどもありました。


小学校の6年間は、ゲームにのめりこみましたが、勉強もそれなりに頑張っていました。学力診断テストでは、学年で1位をとったことなどもありました。

2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 

ページの先頭へ