ツマズキながら歩いてきました
ツマズキながら歩いてきました

お礼2
発行者:泉あゆみ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2016/06/12
最終更新日:2016/07/24 12:25

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼2
ツマズキながら歩いてきました 第1章 虐待に近かった保育園時代

これまでの人生の中で、私自身が一番に辛かったのは、保育園に通っていた時代でした。

私が入園したのは、4歳の時。


保育園の経営者の判断で

「しっかりしていそうだから、5歳児クラスに入れても大丈夫そうね」

と大人の都合で、5歳児クラスに突っ込まれます。


そこで私は、壮絶なイジメにあいました。


「小さいのに、5歳児クラスに来ないで」

と言われたり、殴られたり、蹴られたりもしました。


この章を読んでくださっているあなたは

「やめてよ!」って言えばいいじゃん!ときっと、思うことでしょう。


そうなんです!

そうやって言えればよいのですが、なんせ4歳ですから、思うように言葉が出てこないんですね。


また、何かを言おうとしても、言い終わらないうちに、クラスメイトに殴られるんです(^^:)


暴力的なこと以外にも、いろいろとありました。


工作の時間の時のこと。

4歳と5歳では、はさみを使う技術が根本的に違いすぎるんです。


ある時に私は、クラスメイトに

「そんなのも早く切れないの??」

と馬鹿にされ、それが悔しくて、折り紙を切るのを一生懸命に頑張りました。

そしたら、自分の手を切ってしまったんです。

痛かったですし、誰もフォローに入ってくれないという、本当に悲しい出来事でした。


5歳になった私は、もう一度、5歳児クラスに編入されます。

そこで待ち受けていたのは

「無能な先生による、私への依存」

でした。


イベントものが多い保育園でしたが、ことあるたびに

「あなたは、去年も経験しているから、わかるでしょ?!」

と、迷惑なほど頼られ、お昼寝中も起こされてまで、イベントの練習をさせられました。



これだけ、いやなことが起こると、保育園に行きたくなくなります。

当たり前ですよね(^^:)


幼少の頃、共働きだったため、私の面倒をみてくれたのは、祖母だったのですが

「おばあちゃん、私、保育園に行きたくない」

というと


「ダメ!絶対に行きなさい!」

と殴られました。


それだけではなく、祖母には、ごはんを食べなければ殴られ、

何かにつけて殴られてました。


今、振り返ると、祖母の精神状態が病的だったのではないかと思います。



保育園もつらい。。。

家でもつらい。。。




無意識のレベルで、私の潜在意識は、この頃から、

【生きることはつらいこと】と認識するようになったのです。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 

ページの先頭へ