大根と王妃~名残恋の思い人~
大根と王妃~名残恋の思い人~
アフィリエイトOK
発行者:大雪
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/01/31
最終更新日:2015/09/15 01:43

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
大根と王妃~名残恋の思い人~ 第1章 噂話
「何でも、美しさゆえに領主に奪われ寵姫として寵愛されていたそうだけど、本人の意に沿わないものだったらしく不遇の生活を強いられていた方みたい」
「加えて、その領主が反乱の首謀者だったらしいしね」
「そこに颯爽と現れた陛下。二人立ち並ぶ姿は一枚の絵を見ているように美しかったらしいわ」
「もし私がその妾だとしたら、一瞬にして恋に落ちるわ」
「でね、そこで一つ驚きがあったのよ!」
「何々?!」
「なんとその愛妾は、陛下の知古の方らしいわ」

 キャァァァと黄色い悲鳴が上がる。

「それって運命の再会?! 愛し合っていた恋人達、しかし運命に翻弄されて引き離されてしまった世の無常! けれど時を経て再会すると、愛する女性は不遇の身に落とされていた」
「そして再び燃え上がる恋情!」
「そうね……その可能性は高いわね。だって、その女性を見た瞬間、陛下はしばし固まっておられたそうよ。その後もすぐにその女性を連れて一つの部屋にこもっていたとか」
「ああ、昔の恋心が再燃してしまったというわけね」
「ふふ、王妃様の顔が見物ね」
「そうね。夫が別の女性と熱い一夜、いえ、熱い日々を過ごしていたなんて知ったら」
「遠征先で夫が美しい女性を手に入れる事はよくある事」
「男の人って新しい物が好きですしね」
「どんな顔をするのかしら?」
「嫉妬に狂ってそのまま死んで下さったらいいのに」
「そうそう。そうすれば、私達にも妃になるチャンスは巡ってくるわ」
「あら? 愛妾の女性はどうするの?」
「別に構わないわ。その女性ならば、他の女性と夫の寵愛を分けても文句は言わないでしょう? 自分が今までそのような身分だったのだし。寧ろ御しやすいかもしれないわね」

 そうして上品に笑う姫君達は、次の話題を見つけて談笑を続けていった。
 果竪はソッと気配を消して中庭から立ち去った。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ