大根と王妃~名残恋の思い人~
大根と王妃~名残恋の思い人~
アフィリエイトOK
発行者:大雪
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/01/31
最終更新日:2015/09/15 01:43

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
大根と王妃~名残恋の思い人~ 第1章 噂話
 結婚した事自体が悪いと罵倒され、側に居ること、生きている事さえ否定される。
 もし自分がもっと美しければと何度願った事か。
 それか、もっと平凡な人と結婚していれば……。

 夫が王でさえなければと願った事もあるが、そもそも夫は王になる前から多くの女性達から婿にと望まれていた。
 つまり、夫と結婚した事自体が間違いだったのだ、自分の場合。

 いや逆か……夫が醜い自分と結婚した事が間違いだったのだ。

「そういえばお聞きになりまして?」

 考えにふけっていた果竪は、ふと話題が変わった姫君達の会話に我に返る。

「何がですの?」
「新しい女性の事よ」
「新しい女性?」
「もう! 察しが悪いですわね! 王の新しい妃の事ですわ」
「えぇ?! それって、王妃様が廃されるという事?」
「いえ、どうやら王妃様とは別に妃を迎えるそうよ」
「く、詳しく教えて下さいな!」
「なら、向こうに行きましょう。ここでは流石に話せないわ」

 そう言うと立ち去っていく姫君達。
 向う先は中庭の方向だった。
 姫君達の姿が建物の陰に隠れたのを見計らうと、果竪は走り出した。
 目指すは、姫君達の居る中庭だった。


 目的の人達は中庭の隅の四阿に居た。
 姿勢を低くし、隠れるように四阿の背後に回り込み聞き耳を立てる。

「それでそれで?」
「王は側室を迎えるという事?」
「どうやらそうらしいわ。ただし、側室といっても一時的のものでしょう」
「一時的?」
「寵愛の深さでは、王妃様にとって変わるのではないかしら? 大戦以前なら寵愛の薄れた王妃は廃され、寵愛深い愛妾が王妃になる事も珍しくはなかったし」
「そうね……確かに貴方の言うとおりだわ」
「話では、とても美しくたおやかな方らしいわ」
「詳しいわね」
「お父様から聞いたのよ。何でも陛下が此度の遠征先で捕虜にした女性で、もとは領主の愛妾をしていたとか」
「まあ!」

 略奪愛ですわと騒ぐのは、一番幼い姫君だ。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ