Love Trap
Love Trap
完結
お礼5 コメント2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/05/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Trap 第3章 ーもっと教えてー

初めて結ばれたあの夜から


私たちは度々、食事に出かけるようになった。


食事の後にはホテルに行ったり

互いの家に行ったりして


何度も何度も身体を重ねた。



直人さんに愛される度に

花開いてゆくように…


その身体に触れる度に

甘い幸せに堕ちてゆくように…



初めて知ったこんなぬくもり…

こんな幸せ…


私の頭の中は四六時中

直人さんでいっぱいで…


毎日が本当に幸福感で満たされていた。





直)ほら、早くおいで?

〇)……//



今日も直人さんが

ベッドの上で私を待ってる。



直)〇〇…



ベッドに近付いた私の手を取って

優しく抱き寄せた。



ああ…直人さんの匂い…


今日もこの匂いと熱い身体に

抱かれるんだ…



〇)……//

直)ん…?少しのぼせた?

〇)え…?

直)顔、赤いから…

〇)いえ…//



髪に優しく触れる骨ばった手。


その手に自分の手を重ねて

頬に当てた。



〇)直人さん…

直)〇〇…



優しく響く私の名前。


直人さんに呼ばれる度に

自分の名前が好きになってゆく…



直)今日は…

〇)……

直)新しいこと、覚えてみようか?

〇)え…?



目を開けると優しく微笑む瞳。



直)〇〇は…したことある…?

  自分で。

〇)え…?

直)やっぱり、ないかw

〇)??

直)女の人もね?

  自分でするんだよ?エッチなこと。

〇)え……



エッチなことって…

男の人がするのは知ってるけど…



直)今まで…ムラムラしたこととかないの?

〇)……



優しく頭を撫でられる。



〇)ドキドキは…あります…//

直)え…?

〇)直人さんを…好きになってから…

  直人さんのことを思い出すと

  すごくドキドキします…//

直)あっはははw

  可愛いなぁ~~もうw

〇)……//



そう言って愛しそうに笑う

直人さんの笑顔が…大好き…//



直)じゃあ教えてあげるから…

  やってごらん?

〇)え…?

直)今度ドキドキした時は

  一人でシてみたらいいよ。

〇)…っ//



直人さんがベッドにもたれて

後ろから私を抱きかかえてきた。



直)〇〇…

〇)ん…っ//



後ろから首筋にかかる

直人さんの熱い息…


耳元で響く…低くて優しい声。



胸が…ドキドキする…//



直)ほら、まず…

  足、立ててごらん?

〇)え…っ



寝てた膝を立てるように促されて

私は直人さんにもたれたまま

膝を揃えて立てた。



直)じゃあ…開いて?

〇)え…っ

直)そんな閉じてちゃ触れないでしょ?w

〇)…っ//

直)大きく…開いて?

〇)///



直人さんは後ろにいるから

見えないはずなのに…


こんな抱きしめられながら

はしたない格好をするのが

なんだか恥ずかしくて…



〇)や…ぁ…//

直)ほら、言われた通りに…して?

〇)……//



ゆっくり膝を離すと

後ろから直人さんの大きな手が

それをもっと大きく開いた。



〇)あっ…//



そのまま膝を押さえられてるから

もう閉じられない…



直)ほら…

〇)…っ

直)押さえててあげるから…

  自分で…触ってごらん?

〇)え…っ

直)……

〇)触るって…どこを…

直)俺が…いつも

  触ってあげてるところ…

〇)…っ///



耳元の直人さんの声が

一層やらしさを増した気がして

ぴくんと反応してしまう。



直)俺が触ると…

  いつもトロトロに濡れてて…

〇)…っ//

直)〇〇が気持ち良~くなるところ…

〇)///

直)わかるよね…?

〇)///



なんだか…

言葉で辱められてるみたいで…

顔が…熱くなる///



直)ほら、触って?自分で…

〇)…っ



自分で…こんなところ…

触ったことないのに…



直)ほら……

〇)あ……



直人さんの手が

私の指を優しく誘導する。


バスローブがはだけて

恥ずかしい場所があらわになって…



〇)や…ぁ…っ

直)ん…、ここ……

〇)…っ



ぴ…ちゅっ…



直人さんに動かされてる自分の指に

いやらしい粘液が絡みつく…



〇)やっ、や…っ//

直)もう濡れてるね…、興奮してる?w

〇)…っ//



だって…こんなこと…



直)恥ずかしくて濡れちゃった?w

〇)///



思わず顔を背けると

後ろからまた甘い声が降り注ぐ。



直)だめ…、ちゃんと見て…

〇)…っ

直)ほら、見ながら…

  こうやって…気持ち良くなるように

  自分で…動かしてごらん?

〇)あ…っ///



ちゅ…ぷっ、クチュ……



〇)///



どんどん溢れて

二人の指をいやらしく濡らす

私の身体。



〇)こんなの…っ、恥ずかしいですっ//

直)大丈夫、可愛いよ…

〇)……//

直)可愛くて…たまんない…

〇)///



そんな優しく…囁かないで…



直)〇〇は本当に可愛いよ…

〇)あ…っ

直)誰よりも…一番可愛い…

〇)…っ//

直)一番好きだよ?

〇)///



直人さんから貰う

「好き」という言葉と


同時にいやらしく濡れる二人の指に…


恥ずかしさが…快感へと変わっていってしまう。



〇)は…ぁっ…//

直)いい子だね…

〇)…ん…っ、…ぁっ…//

直)そう、素直に感じていいんだよ?

〇)はぁ…、…ん…ぅ…

5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ