Love Trap
Love Trap
完結
お礼5 コメント2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/05/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Trap 第17章 ー砕けた心と封じた感情ー
直人さんとはもう会わなくなった。

窓ガラスが割れてから
彼がここに来ることはなくなったし

自宅に呼ばれても私は断り続けた。


今まで直人さんを拒絶したことなんて
一度もなかった。

だって私は
いつだって彼の言うことをきく
彼の奴隷だったから。


そんな従順な奴隷が初めて見せる反発に
直人さんは戸惑っていた。


午後の授業を終えて
準備室に戻ろうとすると

後ろから呼び止められ
放送室へ連れ込まれた。


〇)何ですか?
直)メール、返してくれないね?
〇)……
直)今日、うちに来るだろう?
〇)行きません。
直)……
〇)んんっっ!


強引なキス。


〇)やめ…てっ!
直)くすくすw
〇)…っ
直)前にもあったね?
  お前がわざと嫌がるプレイ。
〇)……
直)ほら、一緒に気持ち良くなろう?w
〇)離してくださいっ


その手を振りほどくと
悪魔はニヤッと笑った。


直)今日、待ってるから。
〇)……
直)お前が来るのを、待ってるよ。
〇)……


無視して準備室に向かった。


〇)…は…ぁ……


何も考えたくなくて
しばらく呆然としていると…


ガラガラッ。


扉が開いた。


〇)…っ


振り向くと…


臣)…なに。
〇)……
臣)あいつだとでも思った?
〇)…っ
臣)俺で残念だったね。
〇)……


私は何も答えず背を向けた。


臣)……


広臣は…
最近ずっとイライラしている。


臣)ねぇ…


グイッ


〇)…なに…
臣)抱かせてよ。
〇)…っ


強引に抱きしめられた。


臣)好きにして…いいんだろ?
〇)…っ
臣)だったら…
  抱きたい時に…抱かせろよ。
〇)…っ


広臣がドアの鍵を閉めた。


ドンッ…、ドサッ


臣)どんなsexがいい?
  言ってよ…
〇)んんっ…、んっ//


キスで唇を塞がれる。


臣)また激しく…してほしい?
〇)…っ
臣)それとも…ゆっくり愛して欲しい?
〇)…っ


柔らかい舌が深く絡まっていく…


〇)ん…ふ…ぅ…っ…あっ//


キスに溺れて息苦しくなる。


広臣はどんなにイライラしていても
乱暴な言葉をぶつけてきても

それでもやっぱり
私に触れる手も唇も

その全てが優しかった。


臣)希望がないなら好き勝手に抱くけど…
〇)…っ
臣)いいの?
〇)……


激しいのに優しい。
広臣はいつだってそう。


臣)あいつの名前呼びたかったら
  好きに呼べばいいよ。
〇)…っ


あいつ…?

どういう…こと…?


〇)な…に、それ…っ
臣)何って…
〇)……
臣)この間抱いた時…呼んだだろ…
〇)…っ
臣)……
〇)う…そ…っ
臣)……


私…
広臣に抱かれながら…

直人さんの名前を呼んだの?


臣)そんなに…
  あいつが好き?
〇)…っ
臣)…っ
〇)あぁっ//


強引に服を捲り上げられた。


臣)ねぇ…
〇)あっ…ん…ぁ……//

臣)焦らされんのと…どっちが好きなの?
〇)ん…っ、ぁぁ…あ…っ

臣)早く触ってほしい?
〇)…っ//

臣)どっち?
〇)……


広臣がイライラしてる原因がわかった。

私は…最低だ。

正直あの日のことは
あまり覚えていない。


直人さんに病気のことを告げて
公園で広臣に抱かれたあの夜。


まさか…直人さんの名前を呼んだなんて…

信じられない。


〇)あッッ//
臣)……
〇)…っ
臣)ああ…やっぱり…
  早く舐めて欲しかった?w
〇)……//


ぺろっ…


〇)ん…ッぁ…っ


チュパッ、ちゅっ…れろっ


〇)んんっ…ぁっ、ぁっ//

臣)…っ
〇)…は…ぁ…//

臣)胸だけで…こんな感じんの?w
〇)…っ

臣)こっち…すごいんじゃない?
〇)あ…っ//


下着の上から撫でられて
太ももがピクッと震えてしまった。


臣)もう触ってほしいんだ?
〇)……
臣)ここ…
〇)あ…っ//
臣)もう我慢できない?


カリッ…


〇)あっ…//
臣)ふ…w


布越しに少し擦られただけなのに…


くぷ…っ


広臣の指が…ゆっくり差し込まれて…


〇)…っ
臣)こんな…濡れてる…
〇)…や…っ//
38
最初 前へ 35363738394041 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ