Love Trap
Love Trap
完結
お礼5 コメント2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:LOVEシリーズ

公開開始日:2016/05/07
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
Love Trap 第1章 ーすべてが初めてー
男)〇〇先生、どうですか?
  この後一杯、飲みに行きません?
〇)あっ、えっと…//
直)すみません、今日はまだ僕達
  仕事が残ってまして…
男)ああ、そうなんだ。残念。
  じゃあ〇〇先生、また。
〇)はいっ


入ったばかりの新しい学校。
よく飲みに誘われるけど
私は男の人があまり得意じゃなくて…


直)ごめんね?勝手な嘘ついて。
〇)あ、いえっ、助かります//


いつも助けてくれる片岡先生。


直)ほんと〇〇先生は人気だな〜w
〇)えっ…
直)みんな貴女を見てる。
〇)そんなことっ…ないです//
直)気付いてないところが
  可愛いんですけどw
〇)///


片岡先生はいつもみんなに優しくて
すごく気が効くし仕事も出来るし
私は尊敬してる。

こんな新米教師のことも
いつも気遣ってくれて…


直)テストの問題はもう出来ました?
〇)あ、今作ってるんですけど…
直)初めてだと要領わからないですよね?
  手伝いますよ?
〇)あ、ありがとうございます…//


優しくて素敵な人。

片岡先生に誘われて
初めて二人で食事に行ったのは
それからまもなくだった。


〇)あのっ、本当にご馳走になって
  良かったんですか?//
直)当然でしょうw
〇)ありがとう…ございます//
直)お礼を言いたいのは僕ですよ。
〇)えっ…
直)こんな綺麗な女性と食事が出来て
  一緒に美味しいお酒が飲めて。
〇)…っ//
直)付き合ってくれて
  ありがとうございます。
〇)///


片岡先生と過ごす時間は
とても楽しくてとても幸せで…

何度目かの食事のあとに
とてもスマートにホテルに誘われた。


〇)あ、あの…っ
直)……
〇)……//
直)緊張…してる?
〇)…っ


どうしよう…言った方がいいんだろうか…


〇)あの…私…っ
直)……
〇)初…めて…で…っ//
直)ああ、ホテル来たことなかった?
〇)…っ


そうじゃなくて…
そういうことすら…したことが…


直)緊張しなくていいよ。
  シャワー、浴びておいで?
〇)…っ///


胸をドキドキさせながら
先にシャワーを借りた。

ホテルに来たっていうことは
そういうことをするわけで…

私は…初めてだけど…
片岡先生となら…構わない。

もうそう思えるほどに好きになっていた。


〇)……


片岡先生も…
そう思ってくれてるってことだよね?//


私がシャワーから上がると
片岡先生は慣れた手つきで私の額にキスをした。

chu…


直)僕も入ってくるよ。
〇)////


女の扱いに慣れてるんだろうか…
すべての仕草がスマートでドキドキしてしまう。


ああ…私…
今から片岡先生と…


〇)////


ベッドの上で手をギュッと合わせていると
片岡先生がシャワーから戻ってきた。


直)どうしたの?
  そんな深刻な顔してw
〇)あ…っ
直)やっぱり嫌になった?
〇)…っ
直)半ば無理矢理に…
  連れてきちゃったから…
〇)そんなこと…っ


片岡先生は
ちゃんと断る隙を与えてくれたのに
ついてきたのは私だもん。


ギシッ


片岡先生が隣に腰掛けた。


直)僕のこと…いや?
〇)…っ///


優しく髪に触れるその手に
またドキドキが速くなる。


直)僕は…〇〇先生が欲しくて…
  今ここにいる。
〇)…っ


そんな熱い瞳で…見つめられたら…


直)好きだよ…
〇)…っ


その言葉とその視線だけで
もう身体が溶け出してしまいそう…


静かに目を閉じると
片岡先生の唇が優しく重なった。

夢見心地なキスの中
ゆっくり目を開けると…
優しく微笑む大好きな笑顔。


〇)片岡…先生…//
直)……


人差し指で唇を塞がれた。


直)「先生」じゃ…ないよ…
〇)…っ

直)今はもう…「先生」じゃない。
〇)……//

直)〇〇…
〇)!!!


初めて…名前を呼ばれて…


直)〇〇…

〇)///

直)「先生」じゃなくて…
  俺の名前…呼んで?

〇)///


いつも…「僕」っていう片岡先生が
初めて「俺」って…


直)名前…


こつんと合わさる額。


〇)///
直)〇〇……


やわらかく撫でられる頬。


直)……呼んで?
〇)///


もう…すべてをこの人に委ねたい。


〇)直…人…先生…//
直)くす…w
〇)///

直)「先生」じゃないって言ったろ?
〇)…っ///

直)呼び捨てでいいよ?
〇)///

直)ほら…
〇)…っ
直)……
〇)…直人…さん…///
直)くすくすw
  呼び捨てでいいって言ってるのに…
〇)呼び捨てになんて…
  出来ません…///


だって…
ずっと憧れてて…尊敬してる先生だもん…


直)じゃあいいよ、それで。
〇)あ…っ

直)〇〇…
〇)…っ///


優しくベッドに押し倒されて
優しく名前を呼ばれて

こんな甘ったるい幸せなことって
あるんだろうか…

大好きな人に見下ろされながら
降り止まない甘いキスに溺れてゆく…


〇)は…ぁ…っ、…んっ///


男の人に
こんな風に触れられるのも
こんな風にキスされるのも

初めて…


初めてが…直人さんで…
私はすごく幸せ…


〇)直人さん…///
直)ん…?どうした?
〇)///


そんなに愛しそうに
私の頬を撫でないで…


〇)溶けちゃいそう…です…///
直)可愛いな…w
〇)だって…
直)まだ…キスしかしてないよ?
〇)…っ///


ニヤッと笑う直人さんの表情が…
この甘い情事はまだまだ続くということを
物語っている。


キスだけでこんなにとろけそうな私は
これ以上されたら

どうなってしまうんだろう…


直)まだ少し…緊張してるね?
〇)…あ…っ


直人さんが私の身体を優しく撫でた。


直)怖くないから…大丈夫だよ?
〇)…っ///
直)大事に…するから…
〇)///


その言葉が…
すごく優しくて…泣きそうになる…

バスローブをほどかれて…
直人さんの手のひらが
私の肌を伝っていく…


〇)はぁ…//


好きな人に触れられているというだけで
どうしてこんなにも幸せなんだろう。


直)〇〇…
〇)……//

直)可愛いよ…
〇)……//

直)すごく…綺麗だ…
〇)///


呼ばれる名前が…
触れられる身体が…

愛しい。

こんなに自分を愛しく思えるなんて…
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ