晃 ~盗撮の代償~
晃 ~盗撮の代償~
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:十光土佐
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/01/24
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
晃 ~盗撮の代償~ 第1章 実験
 僕と大は、首をひねった。姉ちゃんはカメラに気付かなかったのか? なんで制服を着替えないんだ? なんでクローゼットを開けっぱなしにしてるんだ?
 わけが分からないけど、一度は失敗したかに思われた実験はうまくいきそうだ。
 姉ちゃんは夢中になって読んでいる。僕と大も、息をつめてモニターを見つめる。姉ちゃんが、胸に手を当てた。その手が、なんかイヤラシイ感じに動いてる。
 自分で自分のおっぱいをモミモミしてる。
「男はチンチンが固くなるけど、女はおっぱいが固くなるのかなあ?」
 それはちょっと違うと思う。だって、とても固くなりそうに見えないもの。でも、男のチンチンだっていつもはふにゃふにゃだしなあ。それに、チンチンが固くなるとなんだか手でぎゅっと押さえたくなる。やっぱり、姉ちゃんもそうなのかな。
「あん……」
 イヤホンからかすかな声が聞こえた。これ……姉ちゃんの声? 姉ちゃんがこんな声出すの、聞いたことないぞ。
 姉ちゃんは左手でおっぱいをもみながら、右手をスカートの中に入れた。スカートがじゃまでよく見えないけど、股のところを指でこすってるみたいだ。姉ちゃんの上体が机の上にぱたんと倒れ込んだ。エッチな本に顔をくっつけて、変な声を出しながら、両手でおっぱいとスカートの中をいじくっている。
「んん……は……んッ! あん、あ……」
 画面の中の姉ちゃんが何をしてるのかよく分からないけど、なんとなく、見てはいけないものを見てるんだ、という感覚だけはあった。大が、ズボンの上からチンチンを押さえている。僕のチンチンは固くなってないけど、すごくドキドキする。胸が、じゃなくて、うまく言えないけど、なんかお腹の底の方がドキドキしてる。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ