晃 ~盗撮の代償~
晃 ~盗撮の代償~
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:十光土佐
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2011/01/24
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
晃 ~盗撮の代償~ 第2章 はじめてのオナニー
 僕も大もびくっとして、仕方なくまたスカートをまくった。こんなセーラー服なんか着せられて、パンツ脱いでチンチン丸出しで、しかも姉ちゃんのハダカ見てチンチン固くしてるところをビデオで撮られてるんだ……。
 自分がものすごいヘンタイになったみたいで、泣きたくなってきた。
「オナニーして」
 イスに座って脚を組んだ姉ちゃんが、言った。意味が分からない。おなにー?
「なにそれ? なんだよ、姉ちゃん?」
「大クンは知ってるみたいね」
 横を見ると、隣に座っている大がヘンなことをしていた。チンチンを握って、その手を上下に動かしてチンチンをしごいている。姉ちゃんのおっぱいをじっと見つめて、息を弾ませながら。
「晃もやりなさい」
 大の姿がヘンタイそのものに見えたからちょっとイヤだったけど、どうせもう二人ともヘンタイなんだからいいや……と思いながら、僕は自分のチンチンをぎゅっと握った。でも一方では「あれってどんなカンジがするんだろう?」という興味もあった。
 握った手を、ゆっくり上下に動かしてみた。気持ちいい。となりの大を見た。手の動きがさっきより速くなって、息づかいも荒くなっている。僕も、手の動きをもっと速くしてみた。チンチンが、ものすごく固くなってきた。さっき姉ちゃんがハダカになった時とは比べものにならないほどカチンカチンに固くなって、ドクドクして、破裂しそう。
 ああそうか、さっき姉ちゃんがしてたのって、これとおんなじなんだ……。男はチンチンしごいて、女はおっぱいとアソコをいじくると気持ちよくなるんだ。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ