ビター☆スマイル
ビター☆スマイル
アフィリエイトOK
発行者:秋星
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/01/13
最終更新日:2011/01/21 15:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ビター☆スマイル 第1章 プロローグ
人間、いつ何が起こるかわかったものではない。

まして、恋なんて、ある日突然、やってくる。



春日撫子。斎京学園中等部ニ年生。

兄は柔道一直線、弟は剣道一筋、父は合気道の師範という、おおよそ可愛いものなど無縁の家庭で彼女は育った。

生まれた時どんなに可愛い女の子だったか、母は話してくれたが、いかんせん、そういう武道一家の中にあっては女の子らしく可憐に育つというのは無理なことなのかもしれない。

父も兄も弟さえも、撫子をなぜか女の子と認めてはくれないのであった。

たとえば、兄弟喧嘩をして撫子が泣いても『男の子は泣くもんじゃない』と言われ、小学校に入学する時、ランドセルを買いに行った父は赤いのではなく青いランドセルを買ってきて、彼女を泣かせた。

万事がすべて、そういう調子なので、撫子はいつのまにか女の子として可愛く生きることに諦めをもつようになっていた。

「別にどっちでもいい……」

小さい頃から、兄や弟と同じように扱われてきたためか、喧嘩にはめっぽう強かった。

自分から仕掛けていくことはなかったが、売られた喧嘩はまず負けなかった。

子供同士の喧嘩なら、まだいい。

撫子が中学生になり、青あざを顔につけて帰って来たとき、今まで黙って静観してきた母がとうとうキレた。

このくらい男の勲章だとのたまう夫に、

「撫子は男の子じゃありません! いつまでそんな馬鹿なことを言い続けるつもりなんですか!」

これ以上、撫子に傷一つでも付けさせたら、撫子を連れて家を出ます! と、彼女は離婚届をつき付けた。

父親はことの深刻さに初めて気付いたようにおろおろし、撫子に喧嘩は絶対にさせない、これからは『男扱い』も一切やめるという念書を書かされると、ようやく許された。

撫子、中学一年生の春だった。

しかし、いくら父親が念書を書こうと、もうすでに遅く……。

撫子の心はどちらかというと女の子よりも男の子に傾いていたのだった。
1
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ