さよならをもう一度
さよならをもう一度
アフィリエイトOK
発行者:藤吉郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:話別で作成します。

公開開始日:2011/01/12
最終更新日:2011/03/02 07:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
さよならをもう一度 第1章 さよならをもう一度
と思った。
木嶋は、はるかの連絡先を交換をしたのだ。
「ヤッター」と心の中で叫ぶ。当時は不況で、郷田さん以外は、同じ会社で、
不況で、当時は、新人を何年も採用をしていなかった。
木嶋は、用事がないのに、
はるかに一週間、携帯に連絡をした。
この時、
はるかは試験勉強中だったにも関わらずに電話に出た。
「自分と交際してくれない?」
と話してみる。
「まだ、貴方のことが判らないから何とも言えません!」
「また、お店に行くからその時は、指名しても良い?」と聞くと、
「いいよ!」
とOKサインだった。
最初に、
「H」の店に行ってから10日ぐらい経過したある日、電車の中で
『ブー、ブー、ブー』と携帯が鳴る。
『誰だろう…?』と名前を見た。先日、携帯番号を交換した10代後半の
はるかだった。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ