さよならをもう一度
さよならをもう一度
アフィリエイトOK
発行者:藤吉郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:話別で作成します。

公開開始日:2011/01/12
最終更新日:2011/03/02 07:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
さよならをもう一度 第12章 第12話
玲は、
「何かあったの…?」木嶋に問いかけている。
に連れて来て下さい。」木嶋に聞いている。
木嶋は、
「はるかさんは、クラブ『H』で、働いていますが、昼間も何かしているみたいです。今度、連れて来れる機会があれば一緒に来ますよ。先日、会った時、意外なことが起こったんだよね!」玲に、意味深な発言をしている。
玲は、
「何かあったの…?」木嶋に問いかけている。
木嶋は、
「いや~」右手を、頭に載せながら、照れ隠ししている。
「友達として付き合って下さいと言われてね…。」玲に、話している。
玲は、
「友達として付き合ってと言われてどうしたの?」木嶋に聞いた。
木嶋は、
「一瞬、戸惑いがあったんだが、木嶋は、
「いや~」右手を、頭に載せながら、照れ隠ししている。
「友達として付き合って下さいと言われてね…。」玲に、話している。
玲は、
「友達として付き合ってと言われてどうしたの?」木嶋に聞いた。
木嶋は、
「一瞬、戸惑いがあったんだが、付き合いを始めたんだ!」玲に答えた。
富高さんがカラオケで、サザンオールスターズの《いとしのエリー》を歌っている。富高さんの、左横にいた麻美が木嶋の発言を聞いて、驚いた表情を見せながら木嶋の左横に移動して来たのだ。
「木嶋君、冗談でしょう。はるかさんと友達として付き合いを始めたなんて…冗談も程々にして下さい。」麻美が、木嶋に尋ねている。
木嶋は、
「冗談ではなくて、本当の話しですよ。」カラオケを歌い終わった富高さんも、麻美の左横にいる。
麻美が、
「木嶋君、はるかさんと例え、友達として付き合っても苦労するわよ。結構、わがままみたいだから…それに、まだ若いし…」
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ