イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「あの頃は、大人達が何を騒いでいるのかも気にならなかったよな」

「今はサントルキシアでの挨拶を聞いておけば良かったと、そう思うけど、あの時は、遊ぶほうがずっと忙しかった」

話しているうち、俺達は、子供の頃にみた、賓客の行進を思い出した。


「キキ様が乗っていたのは、本当に美しい馬車だったな。ひょっとしたら、さっきのあの馬車じゃないか?」

俺は、はっきり思い出した。

紺の房飾り、木彫りの百合の花、そして、クローバの葉の形の窓。

間違いない。

「トルカザ。さっきの馬車がそうか?あの馬車でイルバシットに来たのか?」

俺は作戦を忘れて、トルカザにそう聞いていた。


「そうだよ。あの馬車でイルバシットに行ったんだ。御主の独りは、このリャウドだ」


「あの時、君達の馬車に花びらを投げかけた子供はたくさんいたろうけど、俺は、キキ様の若草色のドレスを覚えているよ」


「確かに、おばあ様は、若草色が好きだ。今も…。きっと天国で着ているさ」


腑に落ちない歯切れの悪さ。


やっぱり、トルカザは、俺達を頼りにしているのだろうか?



「トルカザ様、城門に到着致しました。アルカザ様のお部屋の前にお止めいたしましょうか?」


「あぁ、そうしてよ。お父様は、まだ部屋にいるかな?」


白紗石の白はどこまでも美しく光り、隙がなかった。


それはすなわち、そこに暮らす人を表している。


初めて会った時から、俺達は、彼ら兄弟に引き付けられた。


芝居だと分かりながら、何もせずに立ち去る事が出来なかった。


なのに何故、今はこんなに頼りなく感じるのだろう?


俺は、大切なキーワードを手にしながら、それに気づかずにいる、そんな変な気分だった。


どうして、年下のトルカザが、俺達の案内役をしたんだろう。

アルナスなら簡単に尻尾を出すようなまねはしないだろうに。


難しい石組のように、ぴたりと組み合わさった策は、俺には見抜けそうもない。

今はっきりと分かるのは、トルカザが、俺達に悪意を持っていないこと。

そして、どうしてか、弱みを見せていることだ。

初めはボロを出したのかと思ったが、それこそが作戦で、真実は他にあるのかもしれない。

99
最初 前へ 96979899100101102 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ