イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「さっきのより渋くていいな。小さくて、使い勝手も良さそうだ。やる気が出て来たぜ」


「僕だってまけないよ。悪いけど、僕は国軍の歩兵を預かってる。平の剣士じゃ無いからね。覚悟して待っててよ」


トルカザは、小憎らしいほど自信にあふれて見えた。


自分から言い出した事なんだから、強者だとは思っていたけど、まさか歩兵隊の隊長様とは。

バルザンは、微笑みで焦りを隠し、一から作戦を練り直す。

しかし、剣士同士、実力の差を埋める物が必要だ。



俺の方が優れている点、もしくは彼の弱点、どちらかが分かればいいのだが。


バルザンは諦め半分、ルピンで待つはずのシーナの顔を思い出した。


もう間に合わないかも知れないな。

実を言えば、一日の余裕もなかったのだ。

それに、ネストにはもう恋人だと言ったが、本当の所は待ち合わせをしただけ。

旅の記念の金の塊を分けて上げるよと言っての事だった。

よりによって、なんでキキ様の孫になんか出会うのか。

その上試合をする羽目になるとは…。


バルザンは、落ち着き払うネストに感謝しながら、やっとの事ではやる心臓の鼓動を抑えた。




「アルカザ様はお元気なのでしょうか?今日こそゆっくりお話を伺えるものと楽しみにしていたのですが、お忙しいと聞いて、また心配が募ります」


突然ネストが話に割り込んだ。


そうだったな、ネスト。

こいつは、さっき、俺達に弱点を見せてくれたんだ。

俺はネストの方は見ず、下を向く振りをして、ネストの目の前に座るトルカザの表情に集中した。


初めにアルカザ王の名前が出た時から、トルカザの手には力が入ってる。

ゆったりとしている振りはしても、一度も動きを見せ無いのが、力の入っている証拠だ。


「父上は元気だよ。でも、いろいろ忙しい。イルバシットの戦士達とばかり会ってはいられないんだ」

返事をする時も、大きく息を吐きながら、苦しそうだ。


俺は、トルカザに気づかれないようにネストに触れて、作戦が立ったことを告げた。


ネストは了解したらしく、適当に話を終わらせた。

俺は、トルカザと力比べに出て、彼に話しかけ、彼の心を乱す作戦に出ることにする。


アルカザ王は、本当はご病気なんじゃないのか。

97
最初 前へ 949596979899100 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ