イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「なんだか、頼りにされてるみたいだな」

トルカザが出て行った後、つぶやくようにバルザンは言った。


あぁ彼らは、僕達をずっと待っていたらしいんだ、そう答えたかったが、ネストは、別の言葉を吐いた。

「なに不自由ないと思うのは、庶民の羨望なのかも知れないな。本人の意志を抜きにして、王になれって言うのは、すごく残酷な事だろ?」

「お前に理屈をこねさせたら、きっとマーキス様も叶わないな。さて、ちゃちゃっといくか」

バルザンは、いつもの身振りで、まだ椅子に座ったままのネストを急かした。


「彼は槍だって言ってたな、僕も槍でやろうかな?」


「どうした?急に。自分で言うくらいだ。槍では相当なうでなんじゃないのか。好きにすればいいけど、馬車がかかってる」

「僕の家は、シエラ家に仕えているけれど、叔母がザード家お抱えの料理人の家に嫁いでいる。だから、ザード家の三つ叉槍も習った事があるんだ。丁度同い年の男の子が姉の嫁ぎ先の近くにいて、遊びに行くたび、手合わせして遊んだ。アランといって、今年旅立ちのはずだったんだけど、母君が明日をも知れぬらしくて、旅立ちは見送られたんだ。たまの手合わせだったが、負けたくないから僕は一人で頑張った。そこそこ闘えるはずさ」

「そうか、自信があるなら、やってみろよ。斧じゃなきゃ、なんでも同じだろ?」


「ひどいな、僕だって、競技会で優勝したことがあるんだぞ。ただ剣では叶わないだけさ」


「初めて出たときだ、確かに、お前は強かった。でもあれは、投げ斧だったろ?お前があんまり華々しく勝ったから、あれ以来、投げ斧は実践以外禁止になったんだったな」

「武器のおかげみたいに言うなよ。ちゃんと日々の鍛錬は重ねているんだ」


二人は、言いたい事を言い合い、旅の荷を背負って、馬車を目指した。


勝とうが負けようが、もうここへは帰らない。

戦士としての経験は一切無いが、才だけはある、若者の背中は、驚くほどちいさくて頼りない。


自信の欠片も張り付いてはいなかった。











アルナスはすでにいず、トルカザとリャウドが待っていた。

さっきのよりずいぶん小さい馬車である。


「兄様は先に行ったよ。みんなを案内して待ってる。これが賞品の馬車だ。悪くないだろ?」


96
最初 前へ 93949596979899 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ