イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「こんなに柔らかい寝台も温泉も、久しぶりな気がするよ。旅の空には思えないな。何より、可愛らしい召使いがいる」

「飯の事じゃないのか?全く君らしいな!さあ、さっさと済ませて、カルタゴへ急ごう、いろいろあったが、まだ三日しか経ってないんだから」


「あぁ、力はついた。休んで良かったのさ。試合に勝って、馬車をもらおうぜ」

「馬車か。それはいい。三日三晩の宴を断る代わりに、それくらい出してもらってもいい」

話を交わしている最中に、ノックが聞こえた。


「おはよう!おきたかい?そろそろ城に行かないか?今なら、父とも話が出来る」



「分かった。すぐ出られる。外で待っててくれ」

バルザンの声だ。

「アルカザ様は、どちらかに行かれるご予定でも?」


しまったと思っても、もう遅い。


トルカザの言葉は、遅れて、言い訳となった。


「忙しいのさ。試合はおじい様が見て下さるから。それでいいだろ?」

問いつめたわけでもないのに、トルカザは慌てた。

明らかにおかしいと感じた二人の戦士は、黙ったまま、互いの顔を見合わせ頷きあった。

「すぐ用意する、馬車で待っててくれ。なあトルカザ、一つ頼みがある。俺達イルバシット組が二人とも勝ったら、表に止まってる馬車をくれないか?急いでるんだ」


話がアルカザ王からそれて安心したのか、トルカザは扉を開け、入って来た。


「馬車って言ったって、あれは王室用だよ。君達には少し贅沢じゃないかい?」

「そうかな?別に、もっと小さい二人乗りでも構わない。馬も、走ればなんでもいいさ、実は、恋人をカルタゴのルピンで待たせてる。振られたくないんだ」


「そうか、引き留めたのは僕達だし、分かった、君達が二人とも勝ったらだよ。馬車はいくらでもあるから、僕のを上げよう。表のよりずいぶん小さいけど、荷物もお土産も積める丁度手頃なのがある」


「ありがとうよ!これで頑張り甲斐があるってものさ」


「じゃあ待ってるからね」


トルカザは、嬉しそうに出て行った。


同じ位の年なのに、少し子供に見えた。

なに不自由ない暮らしをしている王子と、不安を抱えながら旅をしている自分達との、気持ちの違いなんだろうか?

話をするうち、彼らの方からどんどん気を許してくれたように思える。
95
最初 前へ 92939495969798 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ