イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
隣り合った部屋に別れ、寝台に寝転がったものの、バルザンは眠れなかった。


俺の運命の友は、何を隠しているんだろう。


どうして悩みを打ち明けてくれないんだろう。


考える度、バルザンの心は暗闇に落ちていく。


旅立ちの前日のように、胸がさわいで眠れない。

結局、夜が明けるまで、寝返りを繰り返し、やっと寝ついたところで、ネストに起こされた。


「どうした?君にしてはゆっくりしてるな。調子が悪いのか?」

「違うよ、お前が何か悩んでるのが気になってさ、考えているうち、朝になっちまった。俺も弱っちいもんだな」

ネストに悪びれた様子が無い事に、バルザンはほっと息をついた。

「そうか。悪いと思うが、旅が終わるまで言えないんだ」

「気になるだけで、なんとも思っちゃいない。俺にだって、人に言いたく無いことくらいあるさ」


「君の事、軽々しく考えたわけじゃない。でも………。朝飯を用意したんだ、腹ごしらえしないか?」

バルザンは、ネストと言葉を交わしているうち、悩んでいた夕べの心を忘れてしまった。


心には、多分小さな棘が刺さっている。

しかしそれは、不信という棘ではない。

「あぁ、何だか昨日から、飯を食った気がしないもんな。腹一杯食おうぜ」


ネストは、いつもの顔でわらった。

もう、さっきの話は終わりだ。

「あの小さい方は、結構強いぞ。きっといい運動になる」


「俺は負けやしないさ。まさか、あんな子供に」

「彼らはキキ様の孫だよ。体が小さいだけで、僕達と年は変わらないさ」


「そうだな、油断は禁物。アルカザンに行ったら、競技会には出ても、王室には近づくな。それが原則だもんな。図らずもこんな事になっちまったけど、俺は、楽しむつもりだ」


「一つ気になるのは、アルナスの言葉だ。キキ様は、今も生きているみたいな言い方だった。マーキス様が葬儀に出ておられるのだから、そんなはずないが…。君はなにか聞かなかったか?」

「わけの分からない事を言い出す奴らだぜ。俺にもキキ様の墓碑がどうだとか、お前が、シエラ家の王子だとか。薔薇の蝋燭を見られたろ?」

「そうか、何だか面倒な事に巻き込まれたな」


「楽しもうぜ。王子様と手合わせ出来るなんて、一生に何度もない事だからな」

ネストは、不安を隠しきれず、窓の外に目を落とした。

91
最初 前へ 88899091929394 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ