イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
8 王子の絆

キキの眠ってしまった日から、十年余りが経った。

アルナスはもうすぐ十七才、トルカザは十五才になる。


沈黙の日が始まったあの日に比べれば、ずいぶん状況は良くなっていた。

アサンという騎士が眠りから覚めるヒントをくれてから、国王アルカザも、実務が出来るようになったし、おばあ様も、食事が出来なくても、必要な栄養をとれているらしい事が分かったのだ。

おじい様は初めから変わらず執務が出来たし、お父様と話が出来るだけで、二人の王子は、すべてが無事に終わったように感じていた。






そんな時、イルバシットから、二人の戦士がやってきたのだ。

彼らは、競技会に出たがるイルバシットの戦士達とは、どこか違っていた。









「兄様、どうかしたの?兄様は、投げ斧の使い手が相手で良かったの?僕の相手の方が、強いよ」


「彼が僕の望みだよ。彼が雪薔薇の戦士に違いない。おばあ様は、彼を墓碑に導けと言ったんだろう?」


「えっ!あんなに否定していたのに、やっぱりそうなの?兄様は、何か見つけたって事かい?」


「ヒントのようなものは見つけたんだが、彼はまだ否定している。試合が始まったらお前は、あの剣士を惹きつけておいてくれ」



「もちろん、よそ見なんかさせやしないさ。でも、一緒に試合をするわけじゃないでしょ」

「ネストは、彼に内緒にしておきたい事があるらしい。だから彼が試合をしている間がチャンスなんだ。バルザンの意識が彼から離れている間に、彼と話をする。おばあ様のためだ。彼だって嫌とは言わないさ。それにしても、お前が思う存分闘える相手でよかったよ」

「早く、おばあ様に会わせてみたら?」

「今会わせようとしても、ネストは承知しないよ。イルバシットの戦士としては会うだろうが、それでは意味がないかも知れない」


「トルカザ、お前は、試合を楽しむんだ。後は僕がうまくやる。頼んだぞ」

「兄様、良く分かった。兄様と稽古してきたこと、存分に試させてもらう。もしかしたら、この沈黙から覚めるかも知れないんだからね」






二人の王子は、強い見方を得たように、心を浮き立たせた。

王子達は、父の寝室に向かい、その顔を見つめた。

眠っていてもいい、ただ父の顔を見たかったのだ。
90
最初 前へ 87888990919293 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ