イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「アルカザンもイルバシットと同じく、武術競技会が盛んです。国王から参加を勧めれば、アルカザンの王室も、常にイルバシットを意識するようになるでしょう」

「それはいい。常に、イルバシットを意識してくれれば、姉の事もおろそかにはしないだろうし、何か分かるかもしれないな」

「ガルダよ、アルカザンの地図に、競技会に参加した者に金を遣わすと書き足しておけ。愚かかもしれぬが、何もせずにはおれないのだ」

「御意」

ガルダはそう返事して、マーキス王の執務室から下がった。

王の側近をつとめているのは、キラである。

王族の男子は、国王の資格を逸した場合、国賓の接待や、国王の代理人を勤めるのが習わしだが、彼は実務に付くことを強く望んだのだ。

そして、いまイサと共にここにいる。

息子が王座に就いた時、良い助言をしたいという思いもあり、そして何よりも、この国の未来を明るい物にしたいからだった。

その思いは、国王マーキスにも伝わり、二人は、強く結ばれていた。


「マーキス様、イルバシットの星読みも、キキ様の運命も、信じて良いのでは」



「ありがとうキラ。そうだ。姉が、そう簡単に負けるわけはない。ガルダの言葉も、一度として、私達を裏切った事はなかったな」


「御意」


「君の家の王子が無事に戻る事を祈っているよ」

「ありがとうございます。実は、ここにいる特権を利用して、ガルダに見てもらったのです。息子には、王子が産まれるらしいです。そして、妻が名前をつけるらしい」


「そうか!ガルダと会うこと自体が難しい事なのに、君はついてる」


「はい、この罪にはどんな罰を」


「君がここにいなければ、起きない問題だ。君の実務を許した父の罪だ。君に罰を与えるつもりはない」

「それではすみますまい。国の宝をかすめ取ったようなもの」

「ならば、イルバシットに尽くして返すが良い。どんな王が私の跡を継ごうと、尽くすがよい」

キラはマーキスの心の大きさに、自然に慰められた。






キラの息子、ゾラはその年ラスカニアから花嫁を連れて帰った。


第一番目の時期国王候補だ。

後十五年の間、王家から旅立ちをした王子がすべて候補となる。

十五年の期限が過ぎると、国王とすべてのトルキナスで、次の国王が選ばれることになっている。

89
最初 前へ 86878889909192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ