イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
星は、静かに答えた。

星の声は耳から聞こえる物ではなく、肌から染み込んで心に届くようなもの。

理解には時間がかかる。

ガルダは目を閉じ、星の声を受け取ろうと心をかたむける。

心の揺れが収まった時、星の声はガルダの中に入って来た。

キキ様は一度亡くなった。

新しいキキ様は、ラキリス王が扉を叩いて起こすまで、安らかに眠ります。

その眠りは、苦痛ではない。

悲しむのは愚かなこと。

マーキス王は、姉の眠りを理解します。

星の声は、そこで終わった。


ガルダは、マーキス王にマラガ石の力を話し、キキ様が病気や、策略で眠ったままになった訳ではないと説明した。

マーキス王は、分かったと言ったまま、苦しげな顔をしたが、すぐに頬を緩めてくれた。


「姉は、苦しんではいないのか?誰かに眠らされたわけでもないんだな?」

「はい、安楽な眠りを楽しんでおられます。ラキリスと言う王の名は、まだいぬ王か、マーキス様の名を私が聞き間違えたのかはっきりとしません。星の言葉はすぐに止みました。これは、吉兆です」

「安心していいのか?」

「はい、ただし、アルカザンの陰は、当分きえないでしょう」



「アルカザンは、アルカザは盟友だ。助けねばならない。旅立つ戦士達に何か頼めないか?」
88
最初 前へ 85868788899091 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ