イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「アルカザ様の健康を父君もきっと喜んでおられる。ところで、キリガス山に落ちた光は何だったのだろうか?何か分かることがあったら教えてくれないか?」

「古代にもこういう事はあったようです。近寄る事は凶と決められています。母は、近寄りたくて仕方ないようですが」

「そうか、姉の言いたい事もよくわかる。星読みの力は、大地から貰い受けるものらしい。だから、その飛来石に力があると判断したんだろう。しかし、アルカザ様の判断がそうなら、そうなさればよい」

「決して近寄らせはしません。母は、ラスカニアを愛してくれている。だからこれ以上、複雑な状況になっては困るんです。本当に残念な事ですが、ラスカニアには、北を好まない貴族達が多くいるのです。つまり、母を凶と思っている家臣が今もあるのです。凶に近づくのは、母のためになりません。私は、必ず母を認めさせてみせます。息子達の素直な言葉を実現して、互いの発展を喜び合える仲になりたいと思うのです」

「アルカザ様は、どんな教えを受けられたんだろう?まだ私の半分の年なのに、そんな考えを持っているとは」




マーキスは、若いアルカザに、尊敬の念を持った。


「私は、息子を持ちませんが、息子を持つことを余り羨ましいと思ったことはない。しかし、今あなたと話をして、カザルス様が羨ましいと思いました。私も、あなたのような息子を持ってみたい」

「持たれたらいいではないですか。私の息子達の中で、王になるのはどちらか一人です。生まれて来る王子が、もう王となることがなくとも、それはマーキス様が気に病む事ではないのです。男の子が出来たなら、その子には兄が有るのだと思ったらいいのです。王ではなく、ご自分の息子を育てればいいのでは?」


マーキスは、清々しい風に吹かれた時のように、大きく息をする。


「人は、年齢ではないんだな。私は、自分が下した判断を後悔したくなくて、忘れようとしていたよ。君のお陰で、目が覚めた。王ではなくなっても、私の人生は、まだ半分も終わってはいない。ずっと続いて行くのだ。きっと妻も喜んでくれる」


東のテラスでは、三人の王妃達が、虹を見上げている。

どうやら、話の中心は、ラスカニアの下の王子らしい。

72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ