イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「姉さん、アルカザは本当に心配している。何かあるなら話してくれないか。力になるよ」

「話すわよ!話しに来たの。父さん母さんにも会いたかったけれど、今回は、あなたと話すのが目的よ」

「ラスカニアからでも気づくほど、私は至らないとでも?」

「違うわ。まだなにも起きていない。これからエジプトの使者が来るの。その前に、塩の流通を止めなさい。エジプトの砂漠は今砂嵐で塩を取ることが出来ないの。おまけに海塩の濃度が下がって、事塩に関しては、困り果ててるわ。不利な条件の条約を結ばされる前に、先制するの。先の雨で塩が水に浸かっていると言えばいいわ」

「星が読めるようになったのは本当だったんだな。それは心配だっただろうね。だけど、イルバシットにはビダ家がある。ちゃんと詠んでくれたよ。事故があったと注文を断ったところだ。心配して痩せてしまったのか?遠く離れているから、必要以上に心配になるんだ」

「そうね…。そうかもしれない。予言を受け取れるようになって、まもないから、焦ってしまうのね。心配でならなかった。でも、大通りを眺めているうち少しは落ち着いたのよ」


「姉さん、会いたかった。だからそのまま来てもらったんだ。相談したいこともあったし、アルナスとトルカザの顔も見たかったからね」


「相談したいこと?あなたの困りごと。メラノとは話し合ったのでしょうね?それに、もう結論は出ている?私には、何も見えて来ないと言う事は、そのあなたの出した結論が正しいと言う事なのね!」


「姉さん。父さんは、姉さんにさえこの国の未来を託そうとはしなかった。それに、メラノの両親に、彼女を幸せにすると約束したし。僕の任期はまだ15年有るからね!しっかりと務めるつもりだ!」


「姉さんには、もう隠し事は出来ないね!」


キキは、マーキスの未来には安心し、夫カザルスの病には、憂いていた。


立ち入り禁止となった今も、ここからはよく見えた。


口には出さなかったが、近くに石の破片が散らばったらしきことは良く分かる。


何とか理由を付けて、あの辺りを歩きたい。


考え事をする姉の横顔はやはり何かあるように見えたが、滞在しているうちに聞き出せば良い。


マーキスはそう考えた。

きれいな虹が見られそう、少し笑ってキキはそう呟いた。

69
最初 前へ 66676869707172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ