イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
イルバシットの王子として生まれたものは、試練を乗り越えたすえ、国王となりこのサントルキシアで暮らしてきたのだ。










「こんなに高い山の上で、薔薇や百合の花が咲くなんて、どんな仕掛けがあるのだ?イサ、教えてはくれないか?」


「お教えいたしたいのですが、庭師にも良く分からぬ事らしいのです。言い換えれば、この三つの植物の他は、美しくは育たないと言うことらしい。塩の多い大地ですから」

「そうか、謎か…。マーキス様は、お元気か?ローダ様は?」

「はい、今いらっしゃいます。キキ様が連れていらっしゃいますよ」

「そうか。王子達が失礼をしたら、叱ってやってくれ。分からぬ子ではないから」

「叱らねばならぬ事など何も御座いません。仲良く遊んでいらっしゃいます。本当に、立派にお育ちになられましたね。知らせを頂きましてから、まだ五、六年ですのに」



近くで鳥達を眺めていた妻が、誰かに会釈をした。

白い正装のローダが庭の奥から歩いて来る。


「いらっしゃいましたね。王子様方を呼んで参ります」

イサは、音も立てずに消えて行った。


「良く来てくれた」

ローダ様の声だ。

私は微笑んだ。

「手紙は読んでくれたか、キキの事は心配いらない。この王宮で生まれた女の子には、特殊な力が有ることが良くあるのだ。キキには無いと思っていたが、人生の途中で目覚める事は珍しくない」

「はい。母が最近痩せたもので、それで連れて来る事を思いつきました。予言と関係あるのかと」

「何か心配事でも有るのかな。滞在のうちに聞いてみてやろう。王子も一緒だそうだな」

「はい。サントルキシアがあまりに美しいので、走り回っているところです」

「羨ましいよ。マーキスには、男子が出来なくて。息子の代で、ひとまずお役御免だ」

「姫君にお継がせになればよいのでは?」

「しきたりは、イルバシットを守るためにあるのだ。重い意味があるのだよ。守らなければ、小国は滅びるのみだ」

「イルバシットは滅びませんよ。ラスカニアがいる。守って見せます」

「頼もしい。私達も、エジプトからの風は、必ず止めて見せよう」

ローダは、若いアルカザの強い眼差しに、未来を見た気がした。







「マーキス。しばらくね」
68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ