イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
それでも、他国の侵略を免れてきた大いなる理由は、大胆な石の使い方や、地道な防御策にある。

子供の頃、小さな国のたゆまぬ努力を目にして、なぜだか偉大さを感じて来た。

ラスカニア国王になってからは、初めての訪問だが、心の中は、あの時と変わってはいない。

そして、後ろの馬車から聞こえて来る、母と妻のため息のような歓声を聞いていると、家族を連れてきて良かったと思えるのだ。


国王の宮殿を目指して、広い中央通りを馬車はまた動き出した。

通りの両側には、商店が並んでいるが、今は、私達の為に花が飾られ、正装の剣士が剣を捧げ持っている。


我が国も小国だが、それと比べても、圧倒的に人口は少ないはずだ。

その中からこれだけの数の、精鋭を育てるのは、並みの条件では不可能だろう。

しかし、ここではそれがなされている。

この国の成り立ちに、秘密があるのだ。

結束が堅いのは、国民の多くが血縁でつながっているからであり、戦士が育つのは、厚い待遇があるからだ。

母は、旅を始めた三つの家のうち、ラゴン家の姫だった。








その昔、三人の兄弟は、王国を守る騎士の家で生まれた。

彼らの母親は貴族、父親は第三王子である。

私は、イルバシットの成り立ちを、そのくらいしか知らなかった。

彼らが、外に向かって説明する範囲の事であった。


これから先は、母親が、口を滑らせた内容だ。

兄弟が成長し、伴侶を探す年になったころ、エジプト王家にクーデターが起きた。

兄弟の祖父に当たるエジプト王は、王座を失い、偽物の血筋だという烙印をおされた。


正当なエジプト王家の血筋が守られる事を信じ彼らは、新天地を求め、旅に出たのだ。

彼らは、いつの日かエジプトを奪い返す事を目標にしている。

強い団結は、そう言う、国の成り立ちから生まれている。

しかしそのエジプトとも今では、条約を結んでいるのである。

イルバシットは、今重大な別れ道の上にいるということだろう。







美しい城は、他の国とは違い、白い石の二階建てだ。

この高い山に、石を運ぶには、やはり限界があるからか。

あるいは、狭い大地を、王族や貴族が占領しない為の気遣いかもしれない。

どちらにしても、城は大きくはなく、宮殿と言った方が当たっている。

66
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ