イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット

カザルスとイルバシット大王ローダの関係は、カザルスが引退し、その子供であるアルカザの代になっても変わらなかった。

カザルスが倒れてからは、目に見える付き合いは少ないが、結ばれた絆は、今も健在だ。

「父上の手紙の返事か。現王アルカザ様も一読をとあるが、お前は何か聞いていないか?」

アルカザは使者を務めたリャウドに尋ねた。


「はい、ローダ大王様、マーキス王様共にご機嫌麗しく、お元気なご様子。この返事の手紙に関しては、宛先はカザルス様になっていますが、アルカザ様にと仰せでした」

「そうか。ならば読ませてもらおう」

「父上、あれを見てよ!おっかないお山!早く帰ろうよ」

上の王子アルナスが飛びついて来た。

ずっと大人しくしていたが、とうとうしびれを切らしたらしい。

弟のトルカザは、おっとりとして、すやすや眠っている。

やはり幼い時の悲しい体験が、尾を引いているのだろうかと、アルカザは、アルナスを不憫に思った。


「アルナス、あの山に今から登るのだぞ。おっかなくなんかない。お前の大好きなおばあ様のふるさとだ。おばあ様の育ったお家があるんだよ」



「そうなの?僕にもあの山が登れる?おばあ様にも登れるの?」

「あぁ、秘密の道があるんだ。内緒だぞ。みんなが寝ている間に、きっと登り終えてしまうからな」

アルナスは機嫌を直し、馬車の窓からイルバシット山を見上げた。


山麓の深い森の手前まで行くと、トルキナスとよばれる騎士が待っていた。


「アルカザン王国国王ご一行様。お待ちしておりました。早速こちらの門からお入り下さいませ」

互いに良く知った顔だった。

彼は、イルバシットの騎士団の隊長でイサと言った。


「ありがとうイサ。皆様ご健勝と聞いている。後ろの馬車に、我が妻ミナスと、イルバシット大王ローダ様の姫キキ様がいる。馬車の扱いをよろしく頼むぞ」

「はい、心得ております。では、馬車の御主はわたしどもでいたします。どうかお許しをお願いいたします」


二人の御主は、いつものように、大人しく馬車を移るが、本当は、このくらいの山は登れるとそう思っている、しかし、馬車を移る理由は他にある。

この隠れ道を、他国の者に見せたくないのだ。

いつもの通例の通りに、二人の御主の馬車には窓がなかった。

64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ