イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「それならば、私が参りましょう。あの石の事もあるし。母上も私と一緒にイルバシットへ行きませんか?本当に久しぶりの里帰りだ」

イルバシットと言うと、母は、少し眉根のしわを緩めた。


「大王がいてくだされば、アルカザンは揺るがないわね。あなたも一緒なら、帰ってみたいわ。お母様にも会いたいし、弟に助言をしたい。石の近くを通るだけでも、力がもらえるかも知れないしね」

母上は、久しぶりに嬉しそうな顔をして笑った。




イルバシットへの旅には、国王アルカザの他に、彼の母キキと、初めての訪問となるアルカザの妻ミナスと二人の王子も加わった。

気候も暖かく、旅はとても順調にすすんだ。

旅立ちの前に遣わした使者は、隊が旅程の半ばにさしかかるころに、現イルバシット大王、ローダからの返事を持ち帰った。

手紙には、先日の飛来石を心配する言葉がみうけられた。

それに、娘を伴っての来訪に対しての礼を述べる文章が並んでいる。

現王マーキスではなく、ローダに手紙を出したのは、父カザルスの手紙も預かっていたからだ。

内容は見ていないが、星読みの力についての事だと推測された。

アルカザンには、星読みの民はいないから、キキの力の意味を聞きたかったのだ。

それに、カザルスにとってローダは、キキを娶る時に対決した、初めての大人の男だった。

王となるべくして生まれた男子同士の付き合いだ。

相手はすでに王であり、カザルスは王子であった。

カザルスが、キキをと望んだ時、ローダはカザルスを追い返し、ある物を所望した。

ただし、ローダの所望の由は言わぬ事が条件だ。

三日かかれば、凡人、一日なら悪人、二日なら、キキを嫁がせても良い。

ローダはそう考えていた。

しかし、カザルスはわずか半日で戻って来てしまった。

三日かければ、自国の宝剣を持ち帰れる、二日でそれを成すなら、賢さを証明出来る。

しかし、一日では。

誰かを騙すか、偽物を使うくらいしか手はないだろう。

ローダは、ある程度期待していたから、明らかに落胆の色を表して、カザルスと謁見する事となった。

本当は、二日でも三日でも、カザルスが悪人でなければ、縁を結ぶつもりだったのに。

ローダは、その目に悲しみを浮かべて、カザルスの差し出した小さな包みを開けるのだった。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ