イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
事件が起きたのは、国王アルカザが現場を視察した日の事だった。


「石の転がり落ちる先に、住人はいるか?いずれ転がり落ちるであろいから、いまのうち避難させておけ。それから、石を持ち帰った者は、今日から十日の間、聖温泉で休養を命ずる。見張りは続けるが、これ以上近寄るな。この件は、これでお開きだ」


「アルカザ様、私達は、なんともありません。休養など必要ありません」

若い騎士が、口を滑らせた。


「いや、だめだ。聖温泉には止まってもらう。君達に、悪い兆しが付いたままでは困るのだ。君はゼントの部下だな。ならば、ゼントに従え」

アルカザはそれ以上言わず、側付きのノランを連れて、城へ戻った。


この石のお陰で、政務がたまっていたし、母親のキキから、相談も受けていた。

それに、王子達の様子も見たい。


「早く済んでようございましたね。キキ様がお待ちかねです」

「あぁ、聖温泉には特別の力が有るのだろう。しかも母は、もともとそう言う素質を持ち合わせていたんだ」

その母が、あの石を見たがっている。

不思議な力を持った石なのだと言う。

私は、見せたくはないが、母親には頑固な所があり、説得には時間がかかるのが常だった。

私は、政務に追われ、つい、触らぬと約束するなら、見せると言ってしまったのだ。






「アルカザだわ。やっと戻ったのね。少し待っていて。あの石には、病を癒やすちからがあるの。あなたの胸の病も必ず良くなるわ」

カザルスは、子供の頃から胸の病気に悩まされていた。

妻の言葉は嬉しかったが、石の力などカザルスは信じていない。

それよりも、妻の体が心配でならない。

聖温泉で、星の予言を得るようになってから、ずいぶん体が細くなった。

無理をしているのだと思う。

もうそんな事はしてほしくないと思うが、妻は、私の為か、あるいは子供達の為か、必死であった。

「私の病は、良くはならないが、急に悪くなるものではない。そんなに無理をするな。キキ、お前は、目に見えて細くなったぞ」

「もとの体が丈夫なのですから、弱くなったり致しません。それよりも、大王には、ずっと健康でいて欲しいのです。アルカザの為、二人の孫の為、そして、アルカザンとイルバシットの未来のために」

60
最初 前へ 57585960616263 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ