イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
俺は、朝の食事をすませると、リャウドに温泉のある場所を聞いて、入りに行った。

イルバシットと同じく、アルカザンも火山の恩恵を受けている仲間だ。

温泉は、数多く存在している。

体が温まれば、風邪は早く治るし、湯に浸かると、体の疲れ具合が分かるからだ。

ネストも誘ったが、珍しく、母親への土産を探すと言うので、今日は、別行動となった。


「本当にいい湯だな。イルバシットにいるみたいだ。リャウド、君もキキ様の事知っているのか?」

「先王のお妃様ですから、よく存じておりますよ」

「そうじゃなく、話をしたり、散歩のお供をしたりする事はあったのかい?」


「…御座いましたよ。キキ様は、活発なお方で、アルカザンを早く理解したいとおっしゃって、いろいろな場所を歩かれましたから」

「カザルス様も、キキ様と一緒にお散歩なさったのかな?仲のいいご夫婦になられたと聞いていたが」

「えぇ、はじめの頃は、キキ様にお供をつけて行かせておいででしたが、ある時からお二人一緒に行かれるようになったんです」

「ふうん、カザルス様は、今もお元気かい?もしお元気なら、試合の時に、ご挨拶を申し上げたいな」

「多分、おいでになりますよ。アルカザンは平和な国ですから。御前試合は珍しくありません。王族の娯楽なのです。そのうちのいくどかは、民衆にも公開され、賞金も出るんです」

「そうか、それは楽しみだな!お褒めを頂けるよう頑張る」

リャウドは、安心したようで、昨日よりずいぶん口が軽くなっていた。

「それからもう一つ聞きたい事がある。キキ様がご病気の時、どうしてイルバシットに知らせてくれなかったのか?イルバシット人は今も…何というか、根に持っている」

リャウドがどんな反応をするか、いくつか考えてみたが、どれも、問にたいする答えを含んではいなかった。

しかし、リャウドの答えは、アルナスから聞いた話と酷似していた。

「キキ様は、ある日急にお休みになられたのです。とても連絡など…」

「お休みになったって、それじゃあ生きているみたいじゃないか」

「休んでいらっしゃるようにしか見えなかったのです。でも…」

やはりアルナスの言った事は本当だったと思うしかない。

「俺にとっては信じられない事ばかりだ。でも、話してくれてありがとうリャウド」
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ