イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ
アフィリエイトOK
発行者:桜乃花
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/03/07
最終更新日:2014/09/10 23:00

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
イルバシット 戦士と花嫁 約束の大地へ 第1章 イルバシット
「でも、おばあ様の言葉を僕達は信じているんだ。君の荷袋には炎の刻印がしてあるし、彼の荷の中に薔薇のろうそくが入っていた」

「あぁ、確かに白い薔薇に違いないが、あのろうそくは、王家の紋章じゃないんだ。しかし、キキ様の言葉の中の雪薔薇と言うのは、シエラ家の紋章の意味だろうな」

「薔薇のろうそくは?」

「ネストのリス家も俺の家もシエラ家のお抱えなんだ。だから、ろうそくや食器類に、シエラ家の紋章と同じような植物を模して、志気を高めているんだ」

「おばあ様にはね、星の声を聞く能力があったんだ。この国に来てから、星の声が聞こえるようになったっていってた」

「でも、その二人は、イルバシット人と決まった訳じゃないだろ?」

「おばあ様は、間違いなくイルバシットの戦士だと言った。いつか二つの国が力を合わせ、エジプトからの侵攻から逃れられる日が来ると」

「キキ様がそんな事を…。突然、亡くなったのだと言う知らせが来るまで。イルバシットは、キキ様が病気であることすら知らなかった。簡単には信じられないよ」


「おばあ様に何があったか、おじい様にもついに分からず、僕たちは、悲しみにくれていた。おばあ様は、若く美しいまま魂だけが旅立ったんだ」

「若く美しいままとはどういう事だ?」

「多分今も、大地の下で、美しい微笑みを浮かべているだろう。本当に、突然の死だったんだ。誰も理解出来なかった」

「どう答えたらいいって言うんだい」

「トルカザの言動がおかしい事の説明がしたいんだよ。弟は、おばあ様の死に自分が関わったと思っているんだ。だから、早く死にたいと思ってる。君と試合すれば死ねるとでも思ってるらしい。弟は君を本気で殺そうとするかも知れない。そうすれば、君が本気で刃を向けてくるだろうからね。でも頼むから、弟を傷つけないでくれ。君を強いと見込んでたのむんだ。弟を打ち負かしてくれ、怪我をさせずにね」

「本当に勝手な兄弟だな。本気で向かって来る相手をあしらうなんて、俺には無理だぜ」

「君なら出来ると信じてるよ。身のこなしを見れば、技量が分かる。弟と同じくらいの技量なら、体の大きい君の方が、圧倒的に有利だ。君の武器ならね」

「トルカザは、それで諦めるのかな。なんとなく、王子らしくないのは、王になる気が無いからなんだな。なんだか寂しいよ」
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ